MSN、新検索サービス「Windows Live Search」ベータ版を提供開始 〜Live.comとの統合も | RBB TODAY

MSN、新検索サービス「Windows Live Search」ベータ版を提供開始 〜Live.comとの統合も

エンタメ その他

 米マイクロソフトは3月7日のO’Reilly Emerging Technologies Conferenceにて、新しい検索サービス「Windows Live Search」ベータ版の提供開始を発表した。同時にLive.comの最新版やWindows Live Toolbarベータ版など、Windows Live Searchを補完するその他の中核技術も発表された。

 「Windows Live Search」では、通常の検索に加えて、整理ツール、画像検索やローカルサーチ、RSSフィードや画像のプレビューなど、ユーザが検索結果をカスタマイズするためのサービスなどが提供される。具体的には、Live.comと組み合わせることで、プレビュー機能や絞込みのためのスコープツール、検索結果ページの情報量を調整するスライダバー、そして、次ページへと移動せずにすべての検索結果を閲覧できるスムーズ スクロールのような機能となっている。

 Windows Live Toolbar ベータ版は米国のみの提供で、RSSフィードの検知とLive.comへの自動追加機能や、必要なボタンだけ表示するカスタマイズ機能、タブブラウズ機能などが含まれている。

 Windows LiveをカスタマイズできるLive.comについてもアップグレードされた。さまざまなカスタマイズ機能に加え、継続的に使う検索結果を自分のLive.comへ追加する機能、検索結果から直接RSS フィードを登録できる機能、検索結果を最適なフォーマットで閲覧できる機能など、いくつかの先端の検索サービスがLive.comで利用可能となっている。検索履歴、時計、天気などのガジェットも利用可能だ。

 3月8日現在、日本版は未提供のようだが、http://search.live.com/で英語版の動作サンプルを利用可能だ(日本語の検索は可能)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top