ニコン、波形スリムボディの600万画素デジカメ「COOLPIX S5/S6」 無線LANモデルも | RBB TODAY

ニコン、波形スリムボディの600万画素デジカメ「COOLPIX S5/S6」 無線LANモデルも

 ニコンカメラ販売は、波形の曲線デザイン「Wave Surface Design」を採用し、デザイン性と機能性を両立したスリムボディの600万画素デジタルカメラ「COOLPIX S5」および、「COOLPIX S6」を2月24日に発売する。

IT・デジタル デジカメ
「COOLPIX S5」グロスシルバー
  • 「COOLPIX S5」グロスシルバー
 ニコンカメラ販売は、波形の曲線デザイン「Wave Surface Design」を採用し、デザイン性と機能性を両立したスリムボディの600万画素デジタルカメラ「COOLPIX S5」および、「COOLPIX S6」を2月24日に発売する。

 COOLPIX S6は、ワイヤレスで画像データ転送やダイレクトプリントができるIEEE802.11b/g準拠の「無線LAN通信機能」を搭載したモデルで、同S5は無線LAN通信機能を持たないスタンダードモデルとなっている。価格はいずれもオープンで、市場想定価格はS5が45,000円前後、S6が50,000円前後。

 COOLPIX S5/S6は、人物の顔がきれいに撮れる「フェイスクリアー機能」をワンタッチでセットできる「フェイスクリアーボタン」をあらたに装備した、COOLPIX「S:Style(スタイル)」シリーズの新モデル。このほか、撮影画像と音楽をBGMとして組み合わせ自動的にスライドショーを作成する新機能の「Pictmotion」や、大型で広視野角170度を実現したワイドアングル液晶モニターを搭載する。

 Pictmotionは、カメラ本体に内蔵された5曲の音楽をBGMとして、撮影した画像と自動的に組み合わせてスライドショーを作成する機能。5種類から選べる好みの画像効果(スタイル)での再生が可能で、あとはカメラが画像の切り換えのタイミングや速さを音楽に合わせてコントロールし、ひとつの映像作品に自動編集してくれるという。さらに、お気に入りの音楽を最大3曲までPCからカメラにセットしたSDメモリーカードに転送して使用することが可能となっている(Windowsのみ)。

 基本スペックは、1/2.5型618万画素CCD、35mmフィルム換算で35〜105mm相当の光学3倍ズームニッコールEDレンズ、約23万画素の2.5型(S5)/3.0型(S6)液晶モニターを装備。レンズのF値はF3.0〜F5.4、シャッタースピードは2〜1/500秒まで対応する。

 本体サイズと重さは、S5が幅93×高さ59×厚さ20mmで約135g、S6が幅100.5×高さ60×厚さ21mmで約140g(いずれもバッテリー、SDメモリーカードを除く)。電源には専用リチウムイオン充電池が採用されており、連続撮影枚数は約210枚(S5)/約200枚(S6)。記録媒体にはSDメモリーカードが採用されているのに加え、内蔵メモリとして21Mバイト(S5)/20Mバイト(S6)を搭載する。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top