首都圏の地下鉄/私鉄/JR/バスで利用できるICカード「パスモ」が07年3月に登場 | RBB TODAY

首都圏の地下鉄/私鉄/JR/バスで利用できるICカード「パスモ」が07年3月に登場

ブロードバンド その他

 2007年3月に首都圏の地下鉄、私鉄、JR、バスで利用できるICカード「PASMO」(パスモ)が登場する。またJR東日本などが発行する「Suica」(「モバイルSuica」も含む)でも、地下鉄、私鉄、バスに乗れるようになる。
  •  2007年3月に首都圏の地下鉄、私鉄、JR、バスで利用できるICカード「PASMO」(パスモ)が登場する。またJR東日本などが発行する「Suica」(「モバイルSuica」も含む)でも、地下鉄、私鉄、バスに乗れるようになる。
 2007年3月に首都圏の地下鉄、私鉄、JR、バスで利用できるICカード「PASMO」(パスモ)が登場する。またJR東日本などが発行する「Suica」(「モバイルSuica」も含む)でも、地下鉄、私鉄、バスに乗れるようになる。

 パスモは、現在、磁気カードとして発行されている、「パスネット」(私鉄、地下鉄)と「バス共通カード」を置き換えるICカード。私鉄、地下鉄、バスを運行する約100事業者が参加する。いずれも2007年3月から、順次対応していく。

 また、パスモもSuicaと同様に定期券を発行。複数の事業者をまたいだ連絡定期券にも対応する。ほか、カードを落とした場合でも再発行が可能な記名カードも発売される。

 さらに、電子マネーの相互乗り入れも開始。Suicaとパスモのお互いの加盟店で買い物もできるようになる。

 そのため、Suicaとパスモは、発行母体が異なるものの、利用できる交通機関や機能は同じということになる。
《安達崇徳》

特集

page top