楽天、15〜19才の女性向けショッピングサイト「楽天市場 girls」を開設 | RBB TODAY

楽天、15〜19才の女性向けショッピングサイト「楽天市場 girls」を開設

エンタメ その他

楽天の三木谷浩史社長と、左隣は現役高校生アーティストの玉置成実さん。両端は、ミニファッションショーでサイトが扱うアイテムをアピールしたモデル
  • 楽天の三木谷浩史社長と、左隣は現役高校生アーティストの玉置成実さん。両端は、ミニファッションショーでサイトが扱うアイテムをアピールしたモデル
 楽天は「楽天市場」内に、ファッションで個性的な自己表現を提案するショッピングサイト「楽天市場 girls」を開設した。15〜19才の女性が対象。スタイリストによるトータルコーディネイト提案や、300円〜10,000円台の低価格商品などを提供する。

 12月14日に開かれた記者発表会では、ミニファッションショーやトークショーなども行われた。

 冒頭、壇上に立った楽天の三木谷浩史社長は、「楽天は(30代前半を中心に)中高年のイメージがあるが、20代もショッピングしている。今回はさらに若い年代向けのサイトを展開する。ショッピングだけに特化せず、この年代に支持されるコンテンツも用意している」などと挨拶した。また来年春までには、同年代の男性向けサイトもスタートさせる予定だ。

 サイトのコンセプトは、「『自分スタイル』をアレンジする10代の女性へ」。洋服や靴、バッグなど50品のほか、書籍やマンガ、CD、DVD等、合計15,000アイテムを紹介する。商品の更新は、月1回。

 サイト内は3つのコーナー・特集が柱だ。まず「葛西幸菜ちゃんのカジュアルスタイル」では、10代のモデルを使いトータルコーディネイトを提案する。モデルが着た商品や、似た商品も探せるしくみだ。

 次に「プチプライス♪ヘビロテボトム特集」では、「ベロアミニスカート」(1,995円/税込)など、低価格で着回し自由なパンツやスカートを紹介する。

 一方、「欲しい!が止まらない自分買いアクセサリー」特集では、定価6,800円の「ダイヤモンドピアス」を1,980円(同)で出すなど、低価格商品を豊富に用意している。

 楽天独自の調査によれば、15〜19才のファッション購買チャネルは、デパートに次いでネット販売が2位と「案外、進んでいる」(三木谷社長)。そこで同社は今回、この年代をターゲットにした。

 また品揃えはユーザの属性を考え、「高校生はクレジットカードをもっていない人が多いので、代金引換郵便で買えるものを中心に揃えたい」(同)という。

 一方、説明会の後半には、現役高校生でアーティストの玉置成実さんが登場、三木谷社長とトークセッションを行った。

 三木谷社長が「玉置さんとは控え室でお会いしたが、ファッションにオリジナリティを感じる」と言うと、玉置さんは「服が欲しくてもショッピングに行く時間がないときは、携帯電話でずっとサイトを見ている。このサイトは組み合わせるアイテムが多い分、自分の頭の中でコーディネイトを考えるなどためになる。特に『安かわいい』ものがモバイルで見られるのがいい」などと語っていた。
《松岡美樹》

関連ニュース

特集

page top