2005年は「livedoor」が躍進、SNSと動画配信も急成長〜ネットレイティングス調べ | RBB TODAY

2005年は「livedoor」が躍進、SNSと動画配信も急成長〜ネットレイティングス調べ

エンタメ その他

 ネットレイティングスは、2005年のベストサイトを決める「Yahoo!Internet Guide」誌主催の「Web of the Year 2005」で、新設された「ネットレイティングス賞」にライブドアのポータルサイト「livedoor」を選出した。

 同社によれば「livedoor」は、利用者数が前年同期比55%増と大きく伸びた。またブログ部門でもブログサービス「livedoor Blog」の訪問者数が他を大きく引き離し、年間を通して首位を維持していることなどが決め手になった。

 「ネットレイティングス賞」は、ユーザ投票で選出する他の賞とは異なり、客観的な視聴率データに基づき同社が選ぶものだ。

 ネットレイティングスによれば、ライブドアが運営する全サイトの総利用者数(プロパティ集計)は10月時点で1,434 万人、順位も16位から11位に上がった。1位はヤフーで3,405万人(前年同期比11%増)、2位は楽天の2,377万人(同7%増)だ。数字は家庭からのアクセスを対象にしている。

 一方、「Web of the Year 2005」で年間総合大賞と話題賞にユーザ選出された「mixi」と、新人賞、映像・音楽配信部門の2部門で大賞になった無料動画配信サービス「GyaO」は、「視聴率データでもこの1年で著しい成長を遂げている」とする。これらのデータをもとに同社では、2005年はソーシャルネットワーク(SNS)と動画配信が急成長した年だったと分析している。
《松岡美樹》

関連ニュース

特集

page top