キャッチネットワーク、自主制作番組のインターネット配信を開始 | RBB TODAY

キャッチネットワーク、自主制作番組のインターネット配信を開始

ブロードバンド その他

 愛知県刈谷市を中心に6市3町に配信しているケーブルテレビ会社のキャッチネットワークは、同社が自主制作した番組のインターネット配信を11月1日より開始した。なお、この配信にはアットネットホームが提供する映像プラットフォームサービス「@NetMedia」が活用されているという。

 同社は、コミュニティチャンネルにおける自主放送番組の制作に注力しており、エリア内のニュース、バラエティ、歴史やイベントなどさまざまな番組を放送し、地域の視聴者に親しまれているという。今回開始されるインターネット配信では、これらの豊富な地域番組のダイジェスト版がオンデマンド・ストリーミング配信されることになっている。

 これらのコンテンツはアットネットホームが提供している映像プラットフォームサービス「@NetMedia」を活用して提供される。このサービスは、局側に設置された自動データ伝送装置を介して番組のIP伝送を行い、アットネットホームがデジタルアーカイブ化し、保管するというもの。これによりインターネットでの配信や他局へのIP伝送による流通が可能になるため、映像素材を効率的に活用できるようになるとしている。

 なお、今回発表の動画はキャッチネットワークのWebサイト上にて無料配信されるのに加え、オープンサイトのため同社のサービスに加入していなくても視聴できる。キャッチネットワークでは、これによりケーブルテレビ加入者のコミュニティチャンネルへの誘導および、新規顧客の獲得を目指すとしている。

 配信されるコンテンツは以下のとおり。
●ニュース・報道番組
「キャッチタイム」「にーず」「J’sPOWER」
●バラエティ・地域情報番組
「地元がパラダイス」「キャッチくんが行く」「アイキャッチ」「まるごとっ!いただきます!」「三河みちくさ散歩道」「おでかけNavi*」(*近日公開予定)
●歴史番組
「きいて民話 たずねて民話」「西三河の肖像」

※各番組の紹介ページで約1分のダイジェスト版が配信される
・配信帯域:500kbps
・配信形態:Windows Media Player
《村上幸治》

特集

page top