【WPC 2005】エプソン、「Colorio」「Offirio」「dreamio」シリーズなどを年末商戦に向け攻勢 | RBB TODAY

【WPC 2005】エプソン、「Colorio」「Offirio」「dreamio」シリーズなどを年末商戦に向け攻勢

IT・デジタル その他

メインステージで主力3シリーズをアピールし、ミニステージではEPSON Coloerテクノロジをデモ
  • メインステージで主力3シリーズをアピールし、ミニステージではEPSON Coloerテクノロジをデモ
  • メインステージではプリンタまかせで美しいプリントが得られるEpson Colorテクノロジの特徴を紹介
  • ミニステージでは、失敗写真の自動補正やディスク面への印刷などの実演デモが行われている
  • Colorioシリーズ秋冬モデルのフラッグシップ機「PM-A950」
  • 1.5型カラー液晶搭載でダイレクトプリントにも対応するコンパクトな写真専用プリンタ「E-150」
  • DVDを入れるだけで手軽に大画面ムービーが楽しめるオールインワンモデル「EMT-TWD1」
  • ブース内では、リビングへの具体的な設置例なども展示され、実際の映像や音質もチェックできる
  • 「LP-M5500」の衝撃プライスは、ビジネス文書のカラー化を加速させる。写真は上位機の「LP-M550FZ」
 エプソンブースでは、年末商戦に向けて充実する家庭向けの「Colorioシリーズ」、家庭向けプロジェクター「dreamioシリーズ」と、オフィス向けデジタル製品「Offirioシリーズ」の3つを中心に展示する。

●ColorioではEpson Colorテクノロジの各種機能をデモ

 年賀状シーズンを迎え充実したラインアップを展開するColorioシリーズのインクジェットプリンタおよび複合機では、失敗写真もプリンタまかせで自動補正してくれる同社のEpson Colorテクノロジーの機能をアピール。

●「dreamio」のイチオシはDVDプレーヤー内蔵プロジェクター

 家庭用プロジェクター「dreamioシリーズ」は新製品である、DVDプレーヤーを内蔵したオールインワンモデル「EMT-TWD1」を中心に展示。

●Offirioシリーズは常識を打ち破る低価格複合機で攻勢

 オフィス向けの製品Offirioでは、A3対応カラーレーザー複合機「LP-M5500」で攻勢をかける。298,000円という低価格は、これまでの常識を打ち破る。量販店ではあまり見かけないOffirioシリーズのそのほか製品もすべて展示されているので、この機会にチェックしておくとよいだろう。

●フォトビューアの新製品や大判インクジェットも展示

 同社のそのほかのシリーズもブース内にコーナーを設けて展示される。フォトビューア「P-200」や新製品である「P-400」は実際に触って使用感を確かめられるほか、プロ向けの大判プリンタ「MAXART」シリーズの各製品も印刷クオリティを自分の目で確かめることができる。
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top