ライブドア堀江氏、「TBSの話はできません。というか、何もありません」 | RBB TODAY

ライブドア堀江氏、「TBSの話はできません。というか、何もありません」

ブロードバンド その他

 「外野なので報道されて不思議なんですけど」。ライブドアCEOの堀江貴文氏は、セシールとの業務および資本提携の記者会見の席でコメントした。楽天がTBSに対して提案している経営統合に、ライブドアが関与しているとの報道に対するものだ。
  •  「外野なので報道されて不思議なんですけど」。ライブドアCEOの堀江貴文氏は、セシールとの業務および資本提携の記者会見の席でコメントした。楽天がTBSに対して提案している経営統合に、ライブドアが関与しているとの報道に対するものだ。
 「外野なので報道されて不思議なんですけど」。ライブドアの代表取締役社長兼CEOの堀江貴文氏は、セシールとの業務および資本提携の記者会見の席でコメントした。これは、楽天が東京放送(TBS)に対して提案している経営統合に、ライブドアが関与しているとの報道に対するものだ。

 この報道は、ライブドアがTBSに対して買収防衛策に協力する用意があると各紙が伝えたというものだ。いわゆる“ホワイトナイト(白馬の騎士)”を買って出るというものだ。

 ライブドアグループとセシールの記者会見では、広報から事前に「本件以外の質問は受け付けません」との注意があった。しかし、堀江氏から楽天を意識する発言が多く聞かれたため、「楽天が申し出たTBSへの経営統合を意識した提携なのか?」との質問が出てきた。しかし、「TBSの話はできません。というか、何もありません」(堀江氏)と一蹴し、改めて報道を否定した。
《安達崇徳》

特集

page top