ヤフーが「Yahoo!コンテンツストア」で携帯・PC向けコンテンツの流通販売に参入 | RBB TODAY

ヤフーが「Yahoo!コンテンツストア」で携帯・PC向けコンテンツの流通販売に参入

エンタメ その他

 ヤフーは10月13日、パソコンや携帯電話などの端末機器向けに企画開発されたデジタルコンテンツの流通サービスに新規参入する。

 「Yahoo!コンテンツストア」を新設し、複数のコンテンツプロバイダの提供のもと、コンテンツ販売を行う。コンテンツプロバイダ側に対して、課金管理、決済代行などの機能を提供、支払いは「Yahoo!ウォレット」を通じて行うことができる。月額継続、都度課金などの課金タイプを設定可能なシステムをとり、幅広く展開が可能としている。コンテンツの紹介順序(表示順)もランダム式を採用しており、コンテンツプロバイダごとに誘導数が異なるなどといった差異が生じないといったメリットも強調されている。

 「Yahoo!コンテンツストア」立ち上げに際しては、「着メロ着うた」「グラビア」「占い」「ゲーム」「電子書籍」などのエンターテインメントコンテンツ、「金融情報」「地域情報・交通」「くらし・健康」などのビジネスコンテンツなど、17カテゴリーに59社120タイトルの携帯電話向けコンテンツがすでに用意されている(全キャリア共通)。

 パソコンでのコンテンツ流通販売については2006年開始を予定しているとのこと。連動型のコンテンツ、割引などが登場するかもしれず、こちらも要注目のサービスとなるだろう。いずれにせよ、PC/ITのノウハウを活かしたさまざまなコンテンツと利便性が提供されそうで、ますます携帯を手放せない毎日になりそうだ。
《冨岡晶》

特集

page top