ソニー、CCDの一部に不具合 デジカメなどを無償修理へ | RBB TODAY

ソニー、CCDの一部に不具合 デジカメなどを無償修理へ

IT・デジタル デジカメ

 ソニーは3日、同社製CCDを搭載したデジタルカメラの一部に不具合があると発表した。

 不具合内容は、カメラ撮影時にファインダーや液晶表示部に画像が出ない、撮影できない、画面が乱れるというもの。同社の調査結果によると、撮像素子の製造工程で品質にばらつきがあるものが一時期生産されたことおよび使用環境などの要因が重なり、同症状が発生する場合があるとしている。

 該当撮像素子が原因で上記症状が発生した製品については、規定の保証期間を延長し、無償で修理するという。

 対象製品は、DSC-P2、P31/P32、DSC-P7/P71/P72、DSC-P8、DSC-P92、DSC-P10、DSC-U10/U20/U30/U60、DSC-V1、DSC-F717、MVC-FD100/FD200、MVC-CD250/CD400/CD500。これらのデジタルカメラ以外に、PDAなども対象となる。

 問い合わせ先は、「ソニーDIコールセンター」。電話番号は、0120-556-355。受付時間は、月〜金曜日が9時〜20時、土日、祝日が9〜17時となる。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top