ニフティ、シマンテックのスパム対策ソリューションを企業向けサービスに追加 | RBB TODAY

ニフティ、シマンテックのスパム対策ソリューションを企業向けサービスに追加

エンタープライズ その他

 ニフティは、9月13日より、企業向け迷惑メール対策サービス「迷惑メールフィルター」を強化し、迷惑メール判定技術として、シマンテックの「Symantec Brightmail AntiSpam」を追加適用する。

 同サービスは、同社が独自に開発した迷惑メール判定技術と、迷惑メールの特徴を学習して判定精度を高めていく「学習型フィルター」機能を組み合わせることで、迷惑メールを判定するもの。迷惑メールと判定したメールは、専用のフォルダーに自動的に振り分ける。

 今回、判定技術に追加適用する「Symantec Brightmail AntiSpam」は、シマンテックが世界20か国以上の「おとりメールボックス」から収集した情報を活用し、業界随一の検知精度および大量の電子メール処理能力を特徴とするスパム対策ソリューション。すでにニフティのインターネットサービス「@nifty」で提供中の「迷惑メールフォルダー」にも実装されている。

 同サービスの対象は、メールサーバーを自社構築している企業、あるいはニフティにメールの運用を任せている企業。利用料金は、初期費用が1ドメイン当たり52,500円、月額費用が1アカウント当たり263円(100アカウントから受付、以降10アカウント単位で拡張可能)となっている。
《竹内充彦》

特集

page top