NEC、デスクトップPC「VALUESTAR」の秋冬モデル 新水冷機構採用の「VALUESTAR X」など | RBB TODAY

NEC、デスクトップPC「VALUESTAR」の秋冬モデル 新水冷機構採用の「VALUESTAR X」など

IT・デジタル その他

水冷機構採用のハイエンドデスクトップPC「VALUESTAR X」(VX980/DD)
  • 水冷機構採用のハイエンドデスクトップPC「VALUESTAR X」(VX980/DD)
 日本電気(NEC)は6日、個人向けデスクトップPC「VALUESTAR」シリーズの2005年秋冬モデルを発表した。新ラインアップは、新型水冷機構を採用したハイエンドシリーズ「VALUESTAR X」など。価格はすべてオープンで、出荷は9月中旬から。

●VALUESTAR X(2モデル)

 第3世代水冷システムの導入と空気の流れに配慮したケース内設計により、デュアルコアCPU使用時でもささやき声と同じ程度の約30dBという静音性を実現したハイエンドシリーズ。ラインアップは、「VX980/DD」と「VX700/DD」の2モデルを用意する。実売予想価格は35万円前後、27万円前後。

 CPUにPentium D 820(2.80GHz)を搭載し、チップセットには内蔵するグラフィックス性能の強化やRAID対応などが図られたIntel 945Gを採用。また、VX980/DDではグラフィックスカードして「GeForce 6200 with TurboCache」を装備。さらに、HDDは同じ容量のものが3台搭載され、RAID5が構成されているのが特徴だ。

 テレビ機能では、VX980/DDには地上波デジタル対応のデジタルチューナー、VX700/DDにはダブル録画も可能なアナログダブルチューナーを装備。また、光学ドライブとして、DVD±R DL書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを搭載している。

 付属の液晶ディスプレイは、VX980/DDでは20型WSXGA+(1,680×1,050ドット)のスーパーシャインビューEX2液晶ディスプレイを採用。音響機能として、ディスプレイのフレーム全体が震動することで音の広がりが向上し、3D音響技術「AUTHENSOUNDWIDE II」を搭載している。

 VX700/DDには17型SXGA高輝度デジタルTFT液晶ディスプレイを採用。どちらのディスプレイも、サブウーハースピーカーを搭載するほか、PCからの入力はデジタルのDVI-D端子となっている。


●VALUESTAR W(2モデル)

 大画面液晶ディスプレイを搭載したPC一体型シリーズ。26型ワイド液晶搭載の「VW900/DD」と20型ワイド液晶搭載の「VW700/DD」の2モデル。実売予想価格は、VW900/DDが30万円前後、VW700/DDが24万円前後。

 液晶テレビのように、スイッチを入れただけでテレビ視聴が行えるのが特徴だ。ディスプレイ部には音響技術「AUTHENSOUNDWIDE」スピーカーに加え、サブウーハースピーカーも搭載する。また、キーボードとマウスがワイヤレス接続となっているとともに、使わないときは本体にスッキリと収納できる設計となっている。

 テレビ機能では、ダブルチューナーを搭載し、見ている番組のウラ番組の録画や、メイン&サブ画面表示による2番組同時視聴が行える。また、S/コンポジットビデオ入力端子を備え、ゲーム機やビデオデッキの接続が可能だ。

 スペック面では、VW900/DDがCPUにPentium 4 630(3GHz)と400GバイトHDDを搭載、VW700/DDがCeleron D 341(2.93GHz)と300GバイトHDDを搭載する。このほかの仕様は共通で512Mバイトメモリや、光学ドライブとしてDVD±R DL書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを搭載する。

●VALUESTAR SR(4モデル)

 さまざまなスペックを組み合わせた、テレビチューナー搭載の一体型シリーズ。ラインアップは以下のとおり。なお、すべてのモデルに、DVD±R DL書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを装備する。

・VR770/DD:Pentium 4 630(3GHz)、300GバイトHDD、19型液晶ディスプレイ、テレビダブルチューナー(ダブル録画可能)
・VR700/DD:Celeron D 341(2.93GHz)、300GバイトHDD、19型液晶ディスプレイ、テレビダブルチューナー(ダブル録画可能)
・VR500/DD:Celeron D 341、300GバイトHDD、17型液晶ディスプレイ、テレビダブルチューナー(ダブル録画可能)
・VR300/DD:Celeron D 341、250GバイトHDD、17型液晶ディスプレイ、テレビチューナー

 テレビやDVD再生などのAV機能はVR300/DDを除き、PCの電源を入れなくてもリモコンから操作可能な点が特徴となっている。また、本体部は左右45度のスイング機構や約20度上向きにできるチルト機構を備えており、手により見やすい角度へ調整することが可能だ。さらに、キーボードとマウスはワイヤレス接続となっているので、PCを使わないときは周りをスッキリと片付けることもできる。

●VALUESTAR L(5モデル)

 さまざまなスペックを持つ、スタンダードタイプのデスクトップPCシリーズ。すべてのモデルにテレビチューナー機能が搭載されているが、デジタルチューナーやダブル録画可能なダブルチューナー搭載モデルなど3種類のチューナーモデルが用意されている。また、PCを立ち上げなくてもテレビやDVDの視聴ができる「インスタント機能」にも対応している。

 ラインアップは以下のとおり。なお、すべてのモデルに、DVD±R DL書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを装備する。

●VL980/DD:Pentium 4 640(3.20GHz)、300GバイトHDD、20型ワイド液晶ディスプレイ、デジタルテレビチューナー
●VL770/DD:Pentium 4 630(3GHz)、300GバイトHDD、20型ワイド液晶ディスプレイ、ダブルテレビチューナー
●VL590/DD:Pentium 4 516(2.93GHz)、300GバイトHDD、17型液晶ディスプレイ、テレビチューナー
●VL570/DD:Celeron D 341(2.93GHz)、300GバイトHDD、17型液晶ディスプレイ、ダブルテレビチューナー
●VL500/DD:Celeron D 341、250GバイトHDD、17型液晶ディスプレイ、テレビチューナー
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top