タワレコ&ナップスターが合弁企業設立、来春のサービス開始を目指す | RBB TODAY

タワレコ&ナップスターが合弁企業設立、来春のサービス開始を目指す

エンタメ 音楽

 タワーレコードと音楽配信のナップスターは8月4日、日本市場での音楽配信事業に関して業務提携し、合弁企業を設立することで合意したと発表した。タワーレコードの音楽配信事業参入は、音楽小売企業としては日本初となる。

 新会社の名称は「ナップスタージャパン」で、設立は2005年10月、日本市場でのサービス開始は2006年4月(いずれも予定)。資本金は4億9千万円で内タワーレコードが68.5%、ナップスターが31.5%を出資。タワーレコード代表取締役社長の伏谷博之氏が代表取締役兼CEOを兼任する予定だ。

 ナップスターは現在、アメリカ、イギリス、カナダでサービスを提供。間もなくドイツでのサービスも開始する。同社は、1曲単位の従量制サービスに加え、定額で何曲でもダウンロードできるサービスを提供。アメリカではほかに、ヤフー、リアルネットワークスが定額制サービスを導入しているが、日本の大手事業者では従量制サービスが一般的だ。新会社の日本国内におけるサービス内容の詳細は明らかにされていないが、定額制サービスの提供にも期待したい。
《編集部》

特集

page top