ニフティ、シマンテックと迷惑メール対策で協力体制を構築 | RBB TODAY

ニフティ、シマンテックと迷惑メール対策で協力体制を構築

エンタープライズ その他

 @niftyを運営するニフティとシマンテックは26日、迷惑メールへの対策に関し協力体制を構築することに合意したと発表した。両社は今後、関連情報の積極的な配信やイベントの開催などを共同で実施するほか、両社の持つ技術を活かした迷惑メール対策を推進していく予定だとしている。

 ニフティでは今まで、迷惑メールへの対策方針である「@nifty迷惑メール対策ポリシー」にもとづき、インターネット利用者を迷惑メールから保護するためにさまざまな取り組みを行ってきた。同社では今後のさらなる取り組みの強化に、スパム対策技術をグローバルに展開しているセキュリティ企業であるシマンテックとの協業が最善と考え、今回の合意に至ったとしている。

 一方のシマンテックは、迷惑メール対策を積極的に講じているニフティが擁する@nifty会員を迷惑メールから保護すると同時に、ニフティから提供される日本国内の迷惑メールの特性を分析し、スパム対策技術のさらなる精度向上を図る意向から今回の合意に至ったとしている。

 今回の合意により@niftyでは、迷惑メールに対して優れた防御効果を発揮する「Symantec Brightmail AntiSpam(シマンテック ブライトメール アンチスパム)」を採用し、迷惑メール検知精度のさらなる向上を図っていくという。
《村上幸治》

特集

page top