NTTコム、重要情報を漏えいの危険性なく持ち出せるようにするサービスを開始 | RBB TODAY

NTTコム、重要情報を漏えいの危険性なく持ち出せるようにするサービスを開始

エンタープライズ その他

 NTTコミュニケーションズは、専用USBメモリとWebサービスを組み合わせることで、個人情報などの重要情報を、漏えいの危険性なく安全に持ち出せるようにする「セキュアUSBメモリサービス」を、3月25日から提供開始する。

 このサービスでは、ユーザーはまずWebサービスによって、重要情報を、それぞれ単独では意味をなさない3つのデータに分散する。元の情報への復元は、このうちの2つから行う。分散したデータの1つは専用USBメモリに自動保管されるので、ほかの1つをノートPCに保管したり、メール添付で送信するなどの形でデータを持ち出せる。このように2つを別々の方法で持ち出し、移動させることで、仮に1つが紛失などで他人の手に渡った場合にも、情報漏えいを防ぐことでぎる。また、もしデータを紛失した際には、専用のWebサイトから、紛失データの再ダウンロードや、紛失データの無効化、新たな分散データの作成が行える。

 元の情報は、専用USBメモリの揮発領域に復元される。専用USBメモリをPCから取り外すと自動的に消去されるため、復元作業後の取り扱いも安心だ。またハッシュ値の照合により、復元した情報と元の情報が同じであることを証明できる。

 提供料金は、初期費用として10万円、月額料金は保管データ量に応じ、15万円(10GB)からとなる(料金はいずれも税込み)。初期費用には専用USBメモリ5本が含まれる。また、利用には別途、NTTコミュニケーションズが提供する、ICカード認証を用いたインターネットVPNサービス「セーフティパスビジネス」の契約が必要。
《小笠原陽介》

特集

page top