日本AMD、64ビットのモバイル向けCPU「Turion 64モバイルテクノロジ」を発表 | RBB TODAY

日本AMD、64ビットのモバイル向けCPU「Turion 64モバイルテクノロジ」を発表

 日本AMDは10日、AMD64アーキテクチャを継承する最新のノートPC向けCPU「Turion 64モバイルテクノロジ」を発表した。

IT・デジタル ノートPC
 日本AMDは10日、AMD64アーキテクチャを継承する最新のノートPC向けCPU「Turion 64モバイルテクノロジ」を発表した。
  •  日本AMDは10日、AMD64アーキテクチャを継承する最新のノートPC向けCPU「Turion 64モバイルテクノロジ」を発表した。
 日本AMDは10日、AMD64アーキテクチャを継承する最新のノートPC向けCPU「Turion 64モバイルテクノロジ」を発表した。AMD Turion 64モバイルテクノロジは、AMD64の性能を従来よりも薄型軽量のノートPCに最適化が図られ、バッテリー駆動時間の延長、セキュリティの強化、最新のグラフィックス機能およびワイヤレス機能との互換性を実現しているという。

 Turion 64モバイルテクノロジのラインアップは、ML-37、ML-34、ML-32、ML-30、MT-34、MT-32、MT-30の7種類。価格は、順に38,940円、28,930円、24,200円、20,240円、29,480円、24,750円、20,790円です(いずれも1,000個ロット時の単価)となる。

 同プロセッサファミリー内の相対的性能とモビリティの関係がわかる新しいモデル番号を採用。2文字のアルファベットは、CPUのクラスを表し、2番目の文字が消費電力を基準にしたモビリティの向上を示している。アルファベット表の後ろにいくほどモビリティが増す。数字は、同プロセッサクラス内の相対的な性能を表し、数字が大きくなるほど、同ファミリ内において性能が高いことを表している。

 MLはTDP(熱設計消費電力)が35W、MTはTDPが25W。CPUの周波数と2次キャッシュは、37が2GHz/1Mバイト、34が1.8GHz/1Mバイト、32が1.8GHz/512Kバイト、30が1.6GHz/1Mバイトとなる。

 CPUの製造プロセスは90nm、対応ソケットはSocket 754、システムバスは800MHz。メモリは、PC3200〜1600のDDR SDRAMをサポートする。
《高柳政弘》

特集

page top