ライブ!ユニバース、18年ぶりのハイブリッド日食をライブ中継 | RBB TODAY

ライブ!ユニバース、18年ぶりのハイブリッド日食をライブ中継

 ライブ!ユニバースは、日本時間の4月9日(土)に観測される「金環・皆既日食」、通称ハイブリッド日食をインターネットライブ中継するプロジェクト「LIVE! ECLIPSE(ライブ・エクリプス)2005」を実施すると発表した。

エンタメ その他
 天文現象などをネット中継する非営利団体「ライブ!ユニバース」は、日本時間の4月9日(土)に観測される「金環・皆既日食」、通称ハイブリッド日食をインターネットライブ中継するプロジェクト「LIVE! ECLIPSE(ライブ・エクリプス)2005」を実施すると発表した。

 この日食は、月と太陽の見かけの大きさが、太平洋上の2点(ニュージーランド沖と中米沖)で同じになるため、この2点間では月が太陽面を完全に覆う皆既日食に、この両側では太陽面が環状に残る金環日食になるという非常に珍しい現象である。前回は1987年に観測され、次回は2013年に起こるという。

 ライブ!ユニバースはこの天体現象を、パナマのペノノメと太平洋上の2地点からライブ中継する。中継時間は4月9日午前5時から午前8時の予定となっている。

 同会会長の尾久土正己氏によると、パナマ側からの日食では、皆既の前後に見られる美しいダイヤモンドリングが、全周にいくつも見られることが予想され、これを写真や映像で捕らえた記録は過去になく、その点においても、今回の観測は価値の高いものになるという。月と太陽と地球の奇跡的な位置関係が織り成す美しい現象を、心待ちにしている天文ファンも多いことだろう。

 配信は、Windows Media Player、Flash、3G携帯電話(3キャリア対応)で実施。中継URLとしては、「http://www.live-eclipse.org/」、モバイル向け「http://k.live-eclipse.org/」のほか、同会初となる日本語JPドメイン名「http://日食中継.jp/」も用意されている。
《編集部》

特集

page top