IRIユビテック、3/29の東地中海横断皆既日食インターネット生中継に配信協力 | RBB TODAY

IRIユビテック、3/29の東地中海横断皆既日食インターネット生中継に配信協力

エンタメ その他

 IRIユビテックは、ライブ!ユニバースが主催する「LIVE! ECLIPSE(ライブ・エクリプス)2006」に配信協力する。

 「LIVE! ECLIPSE 2006」は、日本時間3月29日(水)に東地中海を縦断する皆既日食を、リビアのワウアナムス(Wau an Namus)、エジプトのサルーム(Saloum)、トルコの3か所からインターネット中継するプロジェクト。

 IRIユビテックでは、Macromedia Flash Media Server 2を使い皆既日食の模様をFlash Video配信する。これにより視聴者は、複数拠点の日食映像を同時にパソコン画面に表示し、見たい地点の映像を選択・拡大して視聴することが可能になる。ライブ!ユニバースへの同社のFlash Video配信による協力は、2004年10月14日の「LIVE! ECLIPSE 2004 Partial」、2005年04月09日の「LIVE! ECLIPSE 2005 Hybrid」、2005年10月03日の「LIVE! ECLIPSE 2005 Annular」に続き今回が4回目となる。

 今回の技術協力にあたり、ユビキタス研究所第二研究部主任工藤めぐみ氏は、以下のようなコメントを出している。

 「前回、いろいろ欲張って機能を盛り込みすぎ、十分な配信威力を発揮できなかった部分もあるため、今回は安定した配信を実現できるようにバックアップ体制を強化しました。皆様が安定かつ、快適に視聴できるように努めたいと思います。」

 今回の皆既日食は、アフリカ大陸から始まり、東地中海を縦断するもので、2002年12月4日の日食以来のアクセス条件のよさから注目を集め、また気象条件の良さにも期待されている。生中継は、日本時間3月29日(水)18時ごろより20時30分ごろまでの予定だが、クライマックスとなる皆既日食現象はリビアでは19時27分ごろ(約4分の皆既日食)、エジプトでは19時38分ごろ(約4分)、トルコでは19時53分ごろに見られるという。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top