NEC、普及型ドットインパクトプリンタ2モデルを発売 | RBB TODAY

NEC、普及型ドットインパクトプリンタ2モデルを発売

IT・デジタル その他

NEC、普及型ドットインパクトプリンタ2モデルを発売
  • NEC、普及型ドットインパクトプリンタ2モデルを発売
  • NEC、普及型ドットインパクトプリンタ2モデルを発売
 日本電気(NEC)は1日、普及型ドットインパクトプリンタ「MultiImpact 201MX2」と、その上位機「MultiImpact 201HX」の販売を開始した。出荷は7月7日で、価格は201MX2が97,440円、201HXが239,400円(いずれも税込み)。

 201MX2は、新開発の印刷ヘッドを搭載したことで、従来モデル「201MX」に比べ約14%の速度を向上し、最高164字/秒の印字速度を実現している。

MultiImpact 201MX2

 上位機の201HXは、従来機比約10%の低価格化を図り、最高179字/秒の印刷速度および複写濃度の向上を実現した。新開発の印刷ヘッドの搭載により、5枚綴りの複写用紙への印刷時、5枚目にも鮮明に印刷できるという。

MultiImpact 201HX

 両モデルともに最大印刷桁数は136字/行で、解像度は160dpi。PCに印刷完了のメッセージ通知などを行うプリンタ状態監視ソフト「PrinterSignalStation」を新搭載した。グリーン購入法への適合や、エコマークを取得しているほか、鉛フリーはんだを使用したマザーボードを採用している。
《高柳政弘》

特集

page top