GMO、小規模VPNが手軽に構築できるASP型VPNサービス「GMOどこでもLAN」 | RBB TODAY

GMO、小規模VPNが手軽に構築できるASP型VPNサービス「GMOどこでもLAN」

ブロードバンド その他

GMO、小規模VPNが手軽に構築できるASP型VPNサービス「GMOどこでもLAN」
  • GMO、小規模VPNが手軽に構築できるASP型VPNサービス「GMOどこでもLAN」
Emotion Linkについて説明するフリービットの石田宏樹CEO
 グローバルメディアオンラインは、中小規模の事業所など向けのVPNサービス「GMOどこでもLAN」サービスの提供を開始した。フリービットの開発した仮想ネットワーク構築技術「Emotion Link」を使用したもので、5アカウント月額3,150円から。

 この「GMOどこでもLAN」は、専用機器の導入が不要なため初期コストが抑えられることや、VPNの処理を行うサーバはGMOとフリービットが管理するため利用者側の運用が非常に簡単なのが特徴。クライアントソフトをウェブブラウザからインストールし、IDとパスワードを入力すればVPN接続への接続が完了する。トラフィックは128ビットSSL暗号化によって保護されるため、無線スポットなどからも安心して利用できるとしている。

 ネットワーク構成は、GMOとフリービットの運営する『ハブ』(VPNサーバ)に、クライアントソフトをインストールしたPCを『イーサネットケーブル』(VPN)で接続する、というイメージ。OSからはイーサネットアダプタに見えるため、これまでのアプリケーション(Windowsファイル共有や、リモートデスクトップ接続などを含む)をそのまま利用できる。クライアントPCからVPNサーバにTCPで接続するため、クライアントPC側にファイアウォールやNATルータがあってもVPN接続が可能となっている。

 サービス開始は5月20日。
《伊藤雅俊》

特集

page top