音楽をより身近にするPC不要のDL・CD・FM直結サービス「Any Music」、5/20始動 | RBB TODAY

音楽をより身近にするPC不要のDL・CD・FM直結サービス「Any Music」、5/20始動

エンタメ その他

音楽をより身近にするPC不要のDL・CD・FM直結サービス「Any Music」、5/20始動
  • 音楽をより身近にするPC不要のDL・CD・FM直結サービス「Any Music」、5/20始動
  • 音楽をより身近にするPC不要のDL・CD・FM直結サービス「Any Music」、5/20始動
  • 音楽をより身近にするPC不要のDL・CD・FM直結サービス「Any Music」、5/20始動
  • 音楽をより身近にするPC不要のDL・CD・FM直結サービス「Any Music」、5/20始動
  • 音楽をより身近にするPC不要のDL・CD・FM直結サービス「Any Music」、5/20始動
  • 音楽をより身近にするPC不要のDL・CD・FM直結サービス「Any Music」、5/20始動
 ブロードバンドと専用オーディオ機器で実現する音楽総合サービス「Any Music(エニーミュージック)」が5月20日(木)、いよいよ始動する。サービス開始に先立ち、5月18日(火)に東京六本木のalife_Tokyoにおいて、お披露目パーティ「Any Music Launching Party」が開催された。

 ステージでは、オリコン副編集長の早川高志氏をナビゲータ役に、エニーミュージック社長の野口不二夫氏、レーベルゲート社長の高堂学氏、エフエム東京デジタルコンテンツ局局長の林屋章氏、HMVジャパンE-Commerceプロダクト&マーケティング マネージャの青木洋平氏が新サービスへの意気込みや期待などについて語った。

 エニーミュージック野口氏は「キーワードはまさにAny music。いつでも、どこでも音楽に触れられる」と説明し、「ユーザと音楽との距離を近づけたい」と同サービスへの期待を語った。音楽配信サービス国内最大手のレーベルゲート高堂氏は著作権の重要性を改めて説明したうえで「日本のマーケットに合ったサービスで、日本の音楽産業を盛り上げて行きたい」。エフエム東京 林屋氏は「発売前にして充分に期待に応えてくれた」と賞賛。HMVジャパン青木氏は「PCを持っていないかたでもニューメディアを通してCDが買える」ことで同社売り上げの17%を占めるオンライン販売のさらなる成長に期待するとともに、「検索機能やリッチコンテンツの充実」など今後の課題を語った。

左からオリコン早川氏、エニーミュージック野口氏左からレーベルゲート高堂氏、エフエム東京 林屋氏、HMVジャパン青木氏

 「エニーミュージック」はオンキヨー、ケンウッド、シャープ、ソニー、ディーアンドエムホールディングス、日本ビクター、日本マランツ、ヤマハのオーディオメーカー8社が出資する事業会社「エニーミュージック」が提供する音楽サービス。同サービス対応機器を利用して、パソコンを介さずに「Mora」(レーベルゲート)の音楽ダウンロードサービスをはじめ、HMVのCDオンラインショップ、FMラジオと連携し、楽曲をダイレクトにダウンロードもしくはオンライン注文できる。なお利用には月額315円の会費が必要となる。

 各機能の概要は以下のとおり。

◆ダウンロード
 Moraのダウンロードサービスでは、サービス開始時には約38,000曲、今夏には10万曲を提供する計画だ。料金は1曲210円を中心に158円から368円まで、アルバムは1,050円から2,200円程度で提供する。なお、ダウンロードした楽曲はNetMD対応機器やメモリスティックへの転送も可能。

◆CDショップ
 HMVのオンラインショップは、約80万タイトルをラインナップ。うち18万タイトルを在庫センターに揃え、24時間以内に発送することが可能という。

◆FMリンク
 TOKYO FMなどJFN系列38局のオンエア曲やアーティスト情報を提供。日付や放送日から過去放送分の検索も可能だ。

各社の対応オーディオ機器。上段左からソニー製、ケンウッド製、パイオニア製、シャープ製。デザインやモニタのサイズなど各社各様だ。リモコンからの文字入力は予測変換にも対応しており、ちょうど携帯電話でメールを打つ感覚で行える

 経済産業省の「新産業創造戦略」有望7分野のうち、世界市場をリードする先端産業として選定された「情報家電」「コンテンツ」。この両市場に乗り込んだエニーミュージックの今後の展開に期待したい。
《編集部》

特集

page top