日本レコード協会、ファイル交換ソフトで音楽を公開しているユーザに対してIMで注意を喚起 | RBB TODAY

日本レコード協会、ファイル交換ソフトで音楽を公開しているユーザに対してIMで注意を喚起

ブロードバンド その他

 日本レコード協会は、音楽ファイルの交換やアップロードを行っているユーザに対する注意の喚起を行っていると発表した。これは、ファイル交換ソフトのIM(インスタントメッセージ)機能を利用したもの。

 この活動は3月2日から開始されており、現在のところ60万通の注意を送信しており、5月中には100万通を越える予定だ。

 なおこのようなIMを利用した注意の喚起は、イギリス、オーストリア、オーストラリア、カナダ、スウェーデン、ドイツなどですでに実施されているという。
《安達崇徳》

特集

page top