[CEATEC速報] 純増数でドコモを突き放せるのか? auが新端末6機種を展示 | RBB TODAY

[CEATEC速報] 純増数でドコモを突き放せるのか? auが新端末6機種を展示

エンタープライズ モバイルBIZ

[CEATEC速報] 純増数でドコモを突き放せるのか? auが新端末6機種を展示
  • [CEATEC速報] 純増数でドコモを突き放せるのか? auが新端末6機種を展示
  • [CEATEC速報] 純増数でドコモを突き放せるのか? auが新端末6機種を展示
  • [CEATEC速報] 純増数でドコモを突き放せるのか? auが新端末6機種を展示
  • [CEATEC速報] 純増数でドコモを突き放せるのか? auが新端末6機種を展示
  • [CEATEC速報] 純増数でドコモを突き放せるのか? auが新端末6機種を展示
  • [CEATEC速報] 純増数でドコモを突き放せるのか? auが新端末6機種を展示
  • [CEATEC速報] 純増数でドコモを突き放せるのか? auが新端末6機種を展示
  • [CEATEC速報] 純増数でドコモを突き放せるのか? auが新端末6機種を展示
 CEATEC JAPAN 2003では各社が携帯電話を並べていたが一番のにぎわいを見せていたのがauのブースだ。

 auは先日、QVGA液晶、外部メモリー、EZナビウォークなどを搭載した携帯電話6機種を発表した。会場では、京セラ製の「A5502K」以外について実機に触れることができる。

 まず目を引いたのが奇抜なデザインの「INFOBAR」(三洋マルチメディア鳥取製)だ。昨今の携帯電話では珍しくストレート型になっている。また、この大きさながら31万画素のCCDを内蔵しているなど、機能についても妥協していないのが特徴だ。

INFOBAR。左は「ICHIMATSU」、右は「NISHIKIGOI」。マグネシウム合金を使っているため高級感が漂っている。


 このauブースで一番力を入れてアピールしているのは「EZナビウォーク」だ。これは、携帯電話にGPSモジュールを内蔵することで、リアルタイムに自分の場所を表示させるサービス。auの携帯電話にはこれまでもGPSモジュールが搭載されていたが、こちらはリアルタイムでの位置表示はできなかった。さらに、QVGA液晶(240×320ドット)を搭載することで地図が非常に見やすくなっている。このEZナビウォークだが、東芝製の「A5501T」(10月下旬発売予定)、京セラ製の「A5502K」(2004年1月発売予定)、サンヨー製の「A5503SA」(12月発売予定)が対応する。

(左)A5501T(右)A5502K。こちらは発売がまだ先になるため実際に触れられなかった


 このうちA5503Aは、FMラジオを搭載している。実際使ってみたところ、公式サイトに簡単にアクセスできるなど、これまでのFMラジオにはない操作が実現される。また、FMラジオチューナーを内蔵しているにもかかわらず厚さが20mm(ほかの端末は25mm前後)と薄いのが特徴だ。手に取ってみるとその薄さはすぐに実感できるだろう。

(左)A5503SA(右)十字キーも付いているため閉じた状態でもFMラジオの操作が可能だ


 さらに、映像にこだわった携帯電話としてソニー・エリクソン製「A5404S」とカシオ製の「A5403CA」が挙げられる。A5404Sは、メモリースティック Duoに記録したテレビ番組が楽しめる。一方のA5403CAは、携帯電話では初めて200万画素のCCDを搭載したのが特徴だ。

(左)A5403CA(右)A5404S


 このところのauは、月間の純増数でドコモを抜くことが多くなっている。着うたの効果が大きいようだが、この6機種を投入することで加入者数を伸ばしていくことだろう。
《安達崇徳》

特集

page top