今秋、So-net BBシアターに村田真・伊藤裕子主演ミュージカル「MASK of LOVE」が登場 | RBB TODAY

今秋、So-net BBシアターに村田真・伊藤裕子主演ミュージカル「MASK of LOVE」が登場

エンタメ その他

今秋、So-net BBシアターに村田真・伊藤裕子主演ミュージカル「MASK of LOVE」が登場
  • 今秋、So-net BBシアターに村田真・伊藤裕子主演ミュージカル「MASK of LOVE」が登場
  • 今秋、So-net BBシアターに村田真・伊藤裕子主演ミュージカル「MASK of LOVE」が登場
  • 今秋、So-net BBシアターに村田真・伊藤裕子主演ミュージカル「MASK of LOVE」が登場
  • 今秋、So-net BBシアターに村田真・伊藤裕子主演ミュージカル「MASK of LOVE」が登場
  • 今秋、So-net BBシアターに村田真・伊藤裕子主演ミュージカル「MASK of LOVE」が登場
Wacoal
ソニーコミュニケーションネットワークCOO 近藤幸直氏。「新しい器“ブロードバンド”には新しい酒“コンテンツ”を」そして自分たちの手で「ブロードバンドの夜を明けたい」とコメント
 今秋、So-net PRODUCE ブロードバンドシアターにオリジナルミュージカル「MASK of LOVE」が登場する。この作品は、同シリーズの第2弾として上演されるもので、前作の「ROOFTOP」(2003年3月〜4月上演)と同様、リアルシアター&バーチャルシアター融合作品として、劇場上演と同時にブロードバンド配信が行われる。

 「MASK of LOVE」は、マフィアが幅をきかす大都市を舞台に、マスクをつけてヒーローになることで本当の自分を隠してしまった主人公の心の葛藤や、恋、悪役との対決などを美しいナンバーとダンスで描く作品。従来のアナログ的な舞台空間と、デジタル技術を応用した映像空間という2種類の表現方法を用いる、これまでにないミュージカル作品への挑戦となる。

 プロデューサーは元NHKアナウンサーで劇団四季の制作でも活躍の滝内泉氏が「ROOFTOP」に続き担当、脚本・演出は同じく劇団四季出身で「MASK of LOVE」がメジャーデビュー作品となる山浦哲也氏。主演は村田真、伊藤裕子の若手注目株二人が務め、元宝塚のトップスター・日向薫、元光GENJIの大沢樹生など実力派が脇をかためる。

MIX画面
向かって右から、主演で警官ディエゴ役 村田真、恋のお相手ロリータ役 伊藤裕子、悪役フェリペ役 日向薫、美貌のデザイナーだが実は大悪党のラモン役 大沢樹生、脚本・演出の山浦哲也
(クリックで拡大表示)

 バーチャルシアターは、会場に設置された360度カメラからの映像を、ユーザが自由に視点を変えながら視聴できる画面と、20台以上の固定カメラからの映像でストーリーを追うディレクターズカットのMIX画面(1.5Mbps)で提供される。また、視聴環境に応じてディレクターズカット画面のみ(300kbps、1Mbps)、360度カメラ画面のみ(1Mbps)での視聴も選択できる。

MIX画面
MIX画面:画面上の360度カメラ映像は、中央のボタンを操作することでユーザが自由に視点を変えられる。左下がディレクターズカット
(クリックで拡大表示)

 今回の配信には、インテルと関西電力(BBit-Japan)が協賛しており、インテルは前回に引き続き技術面のバックアップを、BBit-JapanはFTTH向けの広帯域配信を行う。また、ニフティが配信協力しており@niftyユーザ向けにも同コンテンツが提供される予定だ。

 配信および上演スケジュールは以下のとおり。

・バーチャルシアター(So-net/@nifty共通)
 ライブ配信:2003年9月27日(土)〜30日(火)(全7公演)
 オンデマンド配信:2003年10月1日(水)〜31日(金)
 料金:1,050円(税込み)
 ※ 上記料金で、ライブ配信、あるいはオンデマンド配信が見放題となる。ライブとオンデマンドの両方を視聴するには2,100円が必要。
 前売開始:2003年8月9日(土)

・リアルシアター
 公演期間:2003年9月18日(木)〜30日(火)(全18公演)
 場所:アールンホール(浜松町駅から11分)
 料金:指定席7,000円/自由席6,500円(税込み)
 前売開始:2003年8月9日(土)

 バーチャルシアターの推奨環境は以下のとおり。

MIX画面・360度カメラ画面
 Pentium4 1.6GHz以上
ディレクターズカット画面
 1Mbps配信:Pentium3 1GHz以上
 300kbps配信:Pentium3 500MHz以上
メモリ(共通)
 256Mバイト以上

 BBit-Japanが行う広帯域配信の詳細については、同社サイトにおいて後日発表される予定となっている。
《編集部》

特集

page top