ホットスポット、iPassが利用できるオプションサービスを4/21より開始。1分37円の従量課金 | RBB TODAY

ホットスポット、iPassが利用できるオプションサービスを4/21より開始。1分37円の従量課金

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズが提供する公衆無線LANサービスのホットスポットは、4月21よりiPassのアクセスポイントが利用できるオプションサービス「ホットスポット グローバルブロードバンドローミングサービス」を開始する。

 同オプションで利用できるのは、世界10か国の合計1,000か所で提供されているiPassの無線LANアクセスポイントを経由したインターネット接続サービス。利用料金は1分37円で、ホットスポットの利用料金と一緒に支払う形になる。

 なお、接続には専用のソフト「iPassConnect」が必要となるが、事前の申し込みは不要だ。
《RBB TODAY》

特集

page top