アイピートーク、国際電話・携帯への発信サービスを今春開始。固定初携帯では国内最安値 | RBB TODAY

アイピートーク、国際電話・携帯への発信サービスを今春開始。固定初携帯では国内最安値

ブロードバンド その他

 アイピートークは、今春中に同社のIP電話サービスを利用した国際電話・携帯への発信サービスを開始すると発表した。

 それによれば、現在同社のIP電話サービスのラインナップは、国内の一般固定回線向けの通話サービス「めちゃ安トーク」1種類であるが、今後4月11日には国際電話サービス「めちゃ安国際」、また5月中旬には国内の携帯電話向けの発信サービス「めちゃ安携帯」の提供を相次いで開始する。また3サービスをあわせて「めちゃ安トリオ」と名付け各方面への通話料の安さをアピールしていく。

 新サービスの通話料は、携帯向けの発信が平日昼間3分59円、国際電話が平日昼間3分間で韓国78円、中国88円、アメリカ24円、カナダ28円などとなっており、特に携帯向けの発信については固定発携帯の通話料金として3月25日時点で国内最安値となるほか、国際電話も中国・韓国などへの通話については国内最安値になるという(いずれも同社調べ)。また国際電話では、固定電話のほか当地の携帯電話への通話も、固定電話と同額の通話料でサポートする。

 同社では、主に通信費削減を図りたい法人向けの需要を見込んでいるほか、個人についてもアダプタレンタル方式で法人同様3サービスすべての提供を行う考えだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top