インターコンチネンタル 東京ベイ、24時間1,800円でブロードバンド利用可能に | RBB TODAY

インターコンチネンタル 東京ベイ、24時間1,800円でブロードバンド利用可能に

ブロードバンド その他

 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイは下り速度100Mbpsの光ファイバを導入、339室に及ぶ全客室、10室の宴会場、ビジネスセンター、7つのレストランにあらたなLAN環境を構築した。本サービスは12月1日より。利用料は、客室では24時間で1,800円、ビジネスセンターでは30分で700円。

 これにより、ホテル利用者はノートパソコンを持っていれば、何の苦労もなくブロードバンドを利用できるようになる。今後、同ホテルではインターネット会議システムやブロードバンドを使ったレセプションなどにも対応できるとしている。

 インターネット利用に際しては、利用者の多くが世界各国からのビジネスマンであることが考慮され、企業ネットワークにアクセスできるようVPNにも対応するという。また、7つあるホテル内のレストランでは、セキュリティを確保した無線LANも利用できる。利用料は、年内は無料、来年からは利用した時間単位で徴収するプリペイドカード方式が採用される(料金未定)。なお、LANカードや無線LANカードの無料貸し出しサービスも行うようだ。

 同ホテルへのブロードバンド導入は、アイ・ピー・レボルーションがバックボーン回線を、インター・タッチ ジャパンがホテル館内の通信設備やネットワークを構築し、保守・運用する。アイ・ピー・レボルーションはソフトバンクグループの一社で、企業やホテルなどに光ファイバ回線を提供している。また、インター・タッチ ジャパンはホテルや会議場などのホスピタリティ業界にインターネットサービスを提供している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top