新井恵理那、男女交際NGの高校で禁断のデート!部活の先輩に目撃され… | RBB TODAY

新井恵理那、男女交際NGの高校で禁断のデート!部活の先輩に目撃され…

エンタメ その他
新井恵理那【撮影:小宮山あきの】
  • 新井恵理那【撮影:小宮山あきの】

 新井恵理那が、21日放送の『王様のブランチ』(TBS系)に出演。高校時代の悲しい恋愛について語る一幕があった。

 東京・國學院高校に進学した新井は、弓道部に所属。のちに主将として活躍したが、先輩から「毎日しごかれていた」という。だが、そんな厳しい練習は精神の鍛練になったようで、「あの時代があって良かったなと思います」と感謝した。

 ただ先輩は掃除にも厳しく、新井が掃き掃除した箇所を指でなぞってはホコリを示し、「新井、ここホントに掃除したの?」と注意してきたこともあったのだとか。これに本人は「はい、掃き直します!」とすぐ掃除し直していたとのことだが、「スポ根という感じだった」と笑った。

 リポーターの松元絵里花から「弓道部時代は恋愛してた?」と聞かれた新井は、「校則で“不純異性行為禁止”だった」と、男女交際が禁じられていたと回答。だが「ちょっと、やっぱりあるじゃないですか」と切り出すと、当時好意を寄せていた人の存在を明かした。

 その時、友達から「早く告白しないと取られちゃうよ」とそそのかされた彼女は、その男性に電話して自ら告白したという。結果、男性はOKしてくれたそうで、念願のデートへ。ところが渋谷のスクランブル交差点を2人で歩いていると、「“ホコリの先輩”に会っちゃって『新井、何してんの?』と言われてしまった。(それから)何の記憶も残ってない、真っ白の世界」と振り返った。

 新井はその日のうちに彼に泣きながら電話し「ごめん、別れて!」とお願いしたという。松元が「自分から告白したのに…」というと、新井も「そうなんです。初デートのその夜に…」と肩を落としつつ、「だから本当に勉強と部活しかしていなかった。あの頃、もっとちゃんと恋愛をしておけば良かった」と後悔していた。

(((







)))
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

特集

page top