3代目ヒロイン・ひなた誕生!るい、錠一郎に祝福の声続々……『カムカム』第62話 | RBB TODAY

3代目ヒロイン・ひなた誕生!るい、錠一郎に祝福の声続々……『カムカム』第62話

エンタメ その他
『カムカムエヴリバディ』第62話 (c)NHK
  • 『カムカムエヴリバディ』第62話 (c)NHK
  • 『カムカムエヴリバディ』第62話 (c)NHK
【PICK UP】

 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の第62話が28日に放送され、るい(深津絵里)と錠一郎(オダギリジョー)に子どもが産まれたことにネットからは祝福の声が寄せられた。

 回転焼きの店「大月」は順調だったが、錠一郎は生地作りや店番もできずにいた。るいは、錠一郎の本職はトランペッターと言いつつも、「ほかのことなんか、できんでもいい。そない思てたけど、ちょっと想像を超えてました」と苦笑いする。すると、大学を卒業後すぐにお見合いし、結婚することになったという一子(市川実日子)が、るいに結婚式のデザートとして回転焼き200個を作って欲しいと依頼。さらに、錠一郎のために「配達」の仕事はどうかと提案する。

 るいは、蕎麦屋の店員・初美(宮嶋麻衣)から自転車を譲ってもらう。早速、錠一郎に乗り方を教えるが、なかなかコツがつかめず苦慮する。錠一郎は「後悔してる?何にもできひん僕と一緒になって」と尋ねる。るいは「そないなこと、もういっぺんでも言うてみ。すぐ離婚やで」と笑う。

 そんな時、るいが倒れてしまった。知らせを聞いた錠一郎は、それまで乗れなかったはずの自転車を漕いで、るいのもとへ駆けつける。すると、るいは「ただの睡眠不足」と説明しながら、診てもらった医師から言われた言葉を告げる。「おめでたやて。 赤ちゃんが、いてるんやて」。錠一郎は驚きながら「赤ちゃん?2人の?なれるかな?僕、お父さんになれるかな?」と尋ねる。るいは「なれるよ。なってあげて。この子の大好きなお父さんに」と答える。

 この後、場面が変わり、「春が来て、るいは女の子を産みました」というナレーションとともに、るいが、産まれたばかりの赤ちゃんの小さな手を握る。

 ネットでは「るいちゃん出産おめでとう」「るいちゃんと錠一郎さん、どんなお母さんとお父さんになるのかな?楽しみ」「ジョーパパしっかりしなきゃね!といった声とともに、3代目ヒロイン・ひなたの誕生に「安子ちゃん→るいちゃん→ひなたちゃんって繋がっていくのが感慨深い」「るい、ひなた、更に次の世代にもこうやって命が繋がれていくんだな…」と感動するユーザーもいた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top