「とても心がときめきました」倉科カナ、女性の性に向き合う特集でミューズに挑戦 | RBB TODAY

「とても心がときめきました」倉科カナ、女性の性に向き合う特集でミューズに挑戦

エンタメ グラビア
倉科カナ (c)トランスワールドジャパン
  • 倉科カナ (c)トランスワールドジャパン
  • 倉科カナ (c)トランスワールドジャパン
  • 『GLITTER Vol.3』 (c)トランスワールドジャパン
【PICK UP】

 倉科カナが、13日発売のライフスタイルマガジン『GLITTER Vol.3』(トランスワールドジャパン)に登場する。

 多様性が重視される現代において、「セクシュアルなこと」もまた人それぞれ違ってくる。しかし、それが人を惹きつける魅力があることは変わらない。今回の特集テーマは「新しい時代の、セクシュアルミューズ」。ミューズとして登場する倉科は、3種類の異なる女性像を演じ、新時代の“セクシュアル”を表現する。倉科は「スタッフ全員が女性で、この世界観をつくっていくにあたってそれぞれの女性が積み重ねてきたキャリアや人生が融合されて化学反応が起きた感じがして、とても心がときめきました」とコメントしている。
《松尾》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top