いよいよ明日!三谷幸喜脚本の新・大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第1話予告 | RBB TODAY

いよいよ明日!三谷幸喜脚本の新・大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第1話予告

エンタメ その他
『鎌倉殿の13人』第1話 (c)NHK
  • 『鎌倉殿の13人』第1話 (c)NHK
  • 『鎌倉殿の13人』第1話 (c)NHK
  • 『鎌倉殿の13人』第1話 (c)NHK
  • 『鎌倉殿の13人』第1話 (c)NHK
【PICK UP】

 9日から、主演・小栗旬、脚本・三谷幸喜による新・大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がスタートする。

 大河ドラマ初主演となる小栗は、昨年まで放送されていた日曜劇場『日本沈没』(TBS系)から今回の大河へ、“日曜よるの顔”として引き続き登場。脚本を手掛ける三谷は04年の『新選組!』、16年の『真田丸』に続く3作目の大河となる。

 今作は、平安末期から鎌倉初期を知略と謀略で生き抜き、鎌倉幕府の2代執権として権力を握った北条義時(小栗)の生涯を描く。15分拡大となる明日の第1話。1175年、平清盛(松平健)が大権力者として君臨していた日本。伊豆の地では、北条義時(小栗)が兄・宗時(片岡愛之助)、姉・政子(小池栄子)らとのんびり暮らしていた。

 しかし、流罪人・源頼朝(大泉洋)が義時の幼なじみ八重(新垣結衣)と恋仲になり男児を産んだことで状況は一変。清盛から頼朝の監視を任されていた八重の父・伊東祐親(浅野和之)は激怒する。頼朝が姿をくらます中、北条家にも捜索命令がくだり…。

【出演】小栗旬 新垣結衣 菅田将暉 小池栄子 片岡愛之助 山本耕史 / 松平健 坂東彌十郎 宮沢りえ 大泉洋 西田敏行 ほか。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top