【NHK紅白】山内惠介、楽曲「有楽町で逢いましょう」の衣装は「有楽町のネオンを表現!光らないわけがない」 | RBB TODAY

【NHK紅白】山内惠介、楽曲「有楽町で逢いましょう」の衣装は「有楽町のネオンを表現!光らないわけがない」

エンタメ 音楽
【NHK紅白】山内惠介、楽曲「有楽町で逢いましょう」の衣装は「有楽町のネオンを表現!光らないわけがない」
  • 【NHK紅白】山内惠介、楽曲「有楽町で逢いましょう」の衣装は「有楽町のネオンを表現!光らないわけがない」
  • 【NHK紅白】山内惠介、楽曲「有楽町で逢いましょう」の衣装は「有楽町のネオンを表現!光らないわけがない」
 大みそか放送の「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが29日、都内で行われ、山内惠介が囲み取材に応じた。

 7回目の出場となる山内惠介は、フランク永井さんの楽曲「有楽町で逢いましょう」を歌唱する。

 山内は、「今回初めてカバー曲を歌わせていただくのですが、(会場が)有楽町フォーラムで行われるということで、ご当地ソングの『有楽町で逢いましょう』を歌わせていただきます。たくさんある曲の中で、一番有楽町に合う歌ではないかなと思っています」と紹介。

 「有楽町から紅白を、この歌を通じて全国へ、そして世界へ。有楽町に足を運んでみたいなと思ってもらえるようにと意気込んでいます」と気合を入れた。

 この日、リハで着用した華やかな衣装については、「紅白のテーマがカラフルということで、今年自分の中で一番のカラフルにしてまいりました」と笑顔。また「本番もカラフルかな。歌にぴったりな衣装かなと思います。有楽町ならではのネオンを表現したい。光らないわけないですよね」と、ド派手な衣装で本番に臨むことを宣言した。

 また、有楽町にあるフランク永井さんの歌碑の前に行き、「周囲に迷惑にならない程度に歌わせていただきました」と歌碑詣でしたことも明かした。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top