遠藤憲一、“いかりや長介さん役”に挑戦「コントに対する厳しさを意識した」 | RBB TODAY

遠藤憲一、“いかりや長介さん役”に挑戦「コントに対する厳しさを意識した」

エンタメ 映画・ドラマ
遠藤憲一(c)フジテレビ
  • 遠藤憲一(c)フジテレビ
  • 左から)遠藤憲一、山田裕貴(c)フジテレビ
【PICK UP】

 志村けんさんの半生を描くドラマ『志村けんとドリフの大爆笑物語』(フジテレビ)が今月27日に放送される。この記事では、いかりや長介さん役の遠藤憲一が語った役への思いなどを紹介する。

 いかりやさんについて遠藤は「一番特徴があるのは、あの声ですよね」とコメント。演じる上で声も意識したそうだが、ものまねになるのを避けるために福田雄一監督と話し合った結果、「要所要所を寄せるようにしましょう」ということになったと明かし、「ちょっとだけ声も普段の声よりは少し低めにして、顔はどちらかというと寄っちゃっているんで(笑)。実際に当時起こったことを見たわけでもなく、想像で演じさせていただいているので、本当にこれが正解かはわからない」と語った。

 また、高木ブーが「長さん怖かったからね」と話していたと明かし、「コントに関しては、厳しさを持っていた方だと思うので、演じる上でそこは意識しました。この作品に入ってから、コントを緻密に作り上げていったのはいかりやさんだということも知りましたし、何年も毎週、中心になって作り上げていくのは大変なことだっただろうなとも感じて、改めて驚きました。自分はどちらかというとリーダーシップをとるようなタイプではないのですが、仕事に対する姿勢の厳しさは意識したり、みんなを引っ張っていくように心がけました。なんとなくちょうどいい空気感ができていったように思います」と役作りについて話した。

 さらに初日の撮影が『ドリフ大爆笑』オープニングシーンで特に印象に残っていると遠藤。「みんなで歌いながら、スクールメイツの方たちと一緒に歌うんですが、一生に一度の経験だなと思ってやっていました(笑)。こんなことはありえないじゃないですか! そこからもうタイムスリップしてしまって……初日の撮影がすごく強烈な思い出ですね。撮影は曲の頭から終わりまで行ったのですが、歌っているところは一部分だけ使うのかと思っていたら、フルで使っているんですよね。作品全体も監督が“あっという間で、全然飽きないんだよ”とおっしゃっていたので、一視聴者としても楽しみにしてます」と振り返った。

 『志村けんとドリフの大爆笑物語』(フジテレビ)は12月27日21時~23時3分放送。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top