ミュージカル『北斗の拳』が『FNS歌謡祭』に登場!ファン衝撃「最高すぎる」 | RBB TODAY

ミュージカル『北斗の拳』が『FNS歌謡祭』に登場!ファン衝撃「最高すぎる」

エンタメ その他
【PICK UP】

 8日放送の『2021FNS歌謡祭 第2夜」(フジテレビ系)で、あるミュージカルが話題を呼んでいる。

 同8日、東京・日生劇場で初演の幕が開いた『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』。これは人気漫画『北斗の拳』をミュージカル化したもの。この日はまず、同作の主人公・ケンシロウ役を演じる大貫勇輔が、舞台のストーリーを盛り上げる劇中歌『心の叫び』を披露。殺陣を交えながら、ケンシロウが世界を救う使命への目覚めを歌った。

 そして、「お前はもう死んでいる」という決め台詞を吐くと、他のキャストもステージに勢ぞろい。伊礼彼方・上原理生(レイ/ジュウザ役)、福井晶一・宮尾俊太郎(ラオウ役)、加藤和樹・小野田龍之介(トキ役)、そして平原綾香・May’n(ユリア役)といった合計9人で、舞台では披露しないアニメ版オープニングテーマ『愛をとりもどせ!!』を特別に披露。迫力満点の歌声を響かせた。

 SNS上では「めちゃくちゃカッコ良かった」「最高すぎる」といった声とともに、大貫には「ケンシロウがイケメン過ぎてビビった」、また平原の熱唱に「平原綾香がすごい歌唱して全部持って行った」など様々な反響が寄せられている。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top