小澤征悦、妻を「うちの真帆」呼び…徹子が聞き逃さず「今、真帆って言った?」 | RBB TODAY

小澤征悦、妻を「うちの真帆」呼び…徹子が聞き逃さず「今、真帆って言った?」

エンタメ その他
小澤征悦 (Photo by Zhu Yaozhong/VCG via Getty Images)
  • 小澤征悦 (Photo by Zhu Yaozhong/VCG via Getty Images)
  • 黒柳徹子【写真:編集部】
【PICK UP】

 小澤征悦が、7日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。妻でNHKアナウンサー桑子真帆アナのことを、不意に「うちの真帆」と呼び、黒柳徹子からすかさず追及される一幕があった。

 この日、小澤は結婚指輪を選んだ時のエピソードを披露。夫婦2人で最初に訪れたのが、人気のジュエリーブランド「カルティエ」の店。すると、たまたま手に取った指輪が、父・小澤征爾の持っている物と似ていたことに気づいたそう。念のため母に電話して確認すると、まさしく50年前、両親が結婚したときに買った指輪が、同じカルティエの、しかも同じデザインであることが判明。

 「これは出会いだなと思った」という彼は、「他の店を見に行くのもやめてこれにしようよって、うちの真帆もね」と言うと、すぐ「妻も」と言い直し、「もちろん彼女も、すごいキレイだし、それで決めたっていう経緯があるんですよ」と語った。

 “真帆”と言った後すぐ、“妻”と言い直したため、聞こえづらかった部分ではあったものの、これに徹子は聞き逃さず、「真帆って言ったの?今」と追及。これに小澤は、“しまった”といったような表情で、「あっ……今、真帆って言いました。すみません。あれ?すみません」と動揺。

 徹子がなおも「いつも真帆って呼んでるの?」と迫ると、彼は「あっ……家では真帆って呼んでます。はい」と照れながら回答。徹子が「まあ、どうでもいいんだけどさ」と言うと、小澤は「どうでもよくはないでしょ!どうでもよくはないですよ」とツッコミつつ、「ありがとうございます」と返した。

 なおも徹子は「あなたが今、真帆って言ったような気がしたなと」と続けて、「真帆も持ってる? 同じのを持ってる?」と同じ指輪を持っているのか質問。小澤は「真帆も、うちの両親がしているやつの50年後バージョンです」と答えていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top