【韓国ドラマ】『トッケビ』のイ・ドンウク×ユ・インナ再共演!スターと堅物弁護士の恋描いた『真心が届く』配信スタート | RBB TODAY

【韓国ドラマ】『トッケビ』のイ・ドンウク×ユ・インナ再共演!スターと堅物弁護士の恋描いた『真心が届く』配信スタート

エンタメ 映画・ドラマ
(C) STUDIO DRAGON CORPORATION
  • (C) STUDIO DRAGON CORPORATION
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 日本でも2017年に放送されたドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』で、死神役とサニー役を演じて注目を集めたイ・ドンウクとユ・インナ。2人の再共演が実現した『真心が届く~僕とスターのオフィス・ラブ!?~』が、映像配信サービスdTVで配信スタートした。


 今回、ヒロインのユ・インナが演じるのは、言われのないスキャンダルで2年間も芸能界を干されている女優、オ・ユンソ。復帰を果たすべく、法廷を舞台にした有名脚本家の新作ドラマへの出演を熱望した彼女に「役作りのために法律事務所で実際に働いてみること」という条件が出される。ユンソは、本名のオ・ジンシムとして、所属事務所代表の従兄弟が代表を勤める法律事務所「オルウェイズ」でインターンとして働くことに。そこで出会うのが、イ・ドンウク扮する事務所のエース弁護士、クォン・ジョンロク。

 やり手の弁護士ながら恋愛経験もなく女性の扱いがわからないジョンロクと、一般常識に欠けたジンシムがうまくいくわけもなく、トラブルが起きてばかり。そんな中、とある事件でジンシムの女優としての経験が役に立つなど、徐々に二人の距離は近づいていく。しかし、お互いにまともな恋愛経験がないもの同士。果たして、二人の恋の行方は?
《KT》

関連ニュース

特集

page top