10月の『ちびまる子ちゃん』は“お楽しみ劇場”!おとぎ話や落語がアレンジ | RBB TODAY

10月の『ちびまる子ちゃん』は“お楽しみ劇場”!おとぎ話や落語がアレンジ

エンタメ 映画・ドラマ
(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • (C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • (C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • (C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • (C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • (C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • (C)さくらプロダクション/日本アニメーション
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系、毎週日曜18時~)では、10月3日の放送から10月31日の放送まで、5週にわたり「10月のお楽しみ劇場」が放送される。


 放送は前半と後半に分かれた2話構成になっており、前半はいつも通りの『ちびまる子ちゃん』らしい話、そして後半がよく知られた童話などを取り入れた話となっている。おなじみの「おとぎ話」や「落語」が、『ちびまる子ちゃん』らしくアレンジされて登場。『ちびまる子ちゃん』おなじみのあのキャラクターが、あのおとぎ話のあの登場人物として登場!?そしてあっと驚きの展開も。

 3日の放送は「まる子の北風と太陽」の巻。永沢北風が、冬の仕事に励み、びゅうびゅうと風を吹き付けていた。そこへ、たまえ雲に隠れて寝ていたまる子太陽が起きてきた。すぐに居眠りをしたりするまる子太陽であったが、みんなからとても感謝されている様子を見て、永沢北風は、まる子太陽に勝負を申し込んだ。旅人のマントを脱がせることが出来るのは、いったいどちらなのであろうか?

 10日は「まる子の一寸法師」の巻。おじいさんとおばあさんが神社でお参りをしていると、小さな“男の子”が立っていた。喜んだ2人は、男の子を一寸野口と名付け、育てることにしたのだが、いつしか喜びを忘れた二人は一寸野口に家の手伝いばかりをさせるようになる。うんざりした一寸野口はとうとう家出をし、ももこ姫に出会う。

 17日は「まる子の大きなかぶ」の巻。サークラとホナミータはコスギーの畑の大きな大きなカブを一緒に抜くことになった。しかし、カブは大きすぎて、なかなか抜けない。協力してくれる人を増やすために、手伝ってくれた人にはカブのスープをごちそうする、とサークラが言うと、お手伝いをしてくれる人がたくさん集まったのだが…。

 24日は「まる子のまんじゅうこわい」の巻。江戸時代のある日、まる子たちが集まって無駄話をしていると、藤吉が「怖い!」と言いながら走ってきた。どうしたのかと聞くと、蛇を見たのだと言う。それを聞いたまる子たちは、暇つぶしに、怖いものを言い合うことにしたのであった。そして、永三郎は、なんと、まんじゅうが怖いのだと言う。

 31日は「まる子の金のオノ銀のオノ」の巻。きこりの永沢と藤木が森の中で木を切っていた。藤木のオノが、木から抜けなくなってしまい、力を込めて引っ張ると、勢い余ってオノは飛んでいき、泉の中に落ちてしまった。泉の中では、泉の神様まる子と友蔵が掃除をしていた。そこへ、なんと、オノが落ちてきたものだからびっくり仰天。友蔵は、最近ではこれで3本目だと言う。泉の上から、藤木の泣き声が聞こえ、まる子と友蔵は、オノを返してあげることにしたのであった。
《KT》

関連ニュース

page top