吉高由里子、初の社長役!新境地への重圧を語る「“ド”プレッシャー」 | RBB TODAY

吉高由里子、初の社長役!新境地への重圧を語る「“ド”プレッシャー」

エンタメ その他
吉高由里子【撮影:こじへい】
  • 吉高由里子【撮影:こじへい】
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 吉高由里子が、18日放送の『王様のブランチ』(TBS系)に出演。新しい役柄への重圧を語った。


 吉高が主演する、10月スタートの金曜ドラマ『最愛』(同系)。同作は彼女が演じる実業家で、真田ウェルネス社長・真田梨央を取り巻くサスペンスラブストーリー。

 初めて社長役を演じるという吉高は「毎日が新鮮ですね」と笑い、「しゃべる言葉とか、着ている服装とか、自分はあまり通ってこなかったもの」と述べた。

 また今作のプロデューサーからは「吉高さんの新たな一面が見たい」と言われたそう。これについて彼女は「“ド”プレッシャーですよ」と吐露。「ヒールでネジネジ踏まれるぐらい“ド”プレッシャー」と繰り返し強調し、「“ド”だよ、本当に、すごい」と、新境地への不安を明かした。

 最後に「私たちもまだ台本がどうなっていくかは分からない状態でスタートしている。こちらもやりながらワクワク楽しみ」と期待を寄せつつ、「最終回まで走り続けたいと思います」と抱負を語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top