もつ鍋を自宅で楽しもう!専門店「もつ鍋おおやま」のセットをテイクアウト | RBB TODAY

もつ鍋を自宅で楽しもう!専門店「もつ鍋おおやま」のセットをテイクアウト

ライフ グルメ
味はにんにくが効いている印象
  • 味はにんにくが効いている印象
  • 小田急ハルク店
  • 「もつ鍋おおやま」のテイクアウト「博多もつ鍋セット(しょうゆ味)」(2人前3229円)
  • もつ鍋を自宅で楽しもう!専門店「もつ鍋おおやま」のセットをテイクアウト
  • セット内容
  • 胡麻や鷹の爪などの薬味も
もつ鍋はもつ鍋専門店で食べるのがうまい。ビール片手に皆で鍋をつつきながら……。しかし、コロナ禍でそれもかなわない状況。

福岡を中心に全国20店舗を展開する「もつ鍋おおやま」は、テイクアウトにも力を入れている。筆者が今回購入に出かけた店舗は東京・新宿の小田急ハルク店。この店舗、地階にあるのだが、地階への途中にもテイクアウトのPOP、店舗前にもテイクアウト商品の陳列と、テイクアウトがアピールされている。



同店のもつ鍋は、若牛の小腸のみを指名買いして使っている、もつの脂と歯ごたえなどを考慮し一番おいしい大きさに超低温カットしているのが特徴だという。

定番は「博多もつ鍋セット(しょうゆ味)」(2人前3229円、3人前4309円)「博多もつ鍋セット(みそ味)」(2人前3229円、3人前4309円)。セット内容は、もつ、スープ、予備スープ、鷹の爪、ちゃんぽん麺、にんにく、作り方説明書(みそはごま油とにんにくがつく)。また、カット済の野菜セット(キャベツ、にら、ごぼう、豆腐)1080円も別売されている。つまり、簡単に言ってしまえば、持ち帰って家の鍋に入れるだけ。難しい味付けは必要ない。また、全店で販売しているのかどうかは不明だが、「激辛みそもつ鍋」(1566円)もアピールされていた。





筆者が購入したのは定番は「博多もつ鍋セット(しょうゆ味)」(2人前3229円)だ。店頭で注文すると、化粧箱に収まったセットを手提げ袋に入れて店員さんが持ってきて、中身を一緒に確認してくれる。もつ鍋ははじめてという人でも、中に作り方が描かれた上が入っているので安心だ。筆者は、野菜類はスーパーで買うことにした。もつは冷凍になっているので、その日に食べる人は速めに解凍しておいたほうがいいだろう。







鍋に300ccの水を入れ(みその場合)、スープ、ごぼうを入れ沸騰したらもつを入れる。一瞬水が少ないかなと迷うのだが、説明書には野菜の水分がでるので心配ないと書かれていた。あと手順通りに野菜を入れていくのだが、みそスープはにんにくが効いているという印象だ。もつはぷりぷりで申し分なく、まだまだイケるという感じ。残った出汁には、ちゃんぽん麺を入れ、ひと煮たちちさせて食べる。

ちなみに同店でランチメニューとして「博多もつ鍋定食」(1309円)、「博多もつ鍋御膳」(1749円)、「もつ焼きどんぶり」(1485円)も提供している。
《RBB TODAY》

特集

page top