西野七瀬、乃木坂46卒業後の焦りを告白 芸能界引退もよぎった過去 | RBB TODAY

西野七瀬、乃木坂46卒業後の焦りを告白 芸能界引退もよぎった過去

エンタメ その他
西野七瀬【撮影:小宮山あきの】
  • 西野七瀬【撮影:小宮山あきの】
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 元乃木坂46・西野七瀬が、5日放送の『情熱大陸』(TBS系)に出演。グループ卒業後の苦悩を明かした。


 乃木坂に7年間在籍してきた西野。2018年いっぱいで卒業した直後の状況について、「一気に自分の時間が増えた」と告白。さらに「それに戸惑ってた感じはすごいあって、こんなに体力あるのに『あれ?全然お仕事ないぞ』みたいになって、『ヤバい、ヤバい、ヤバい。もっと私働けます』みたいな感じでした、初めは」と回顧。

 続けて彼女は「1人の時間も好き」としながらも、「あまりに多すぎると(メンタルが)落ちていってしまう傾向がある」と自己分析。さらに「『もう辞めたほうがいいかも』と、落ちがちになってました。1人になってすぐの時は」と、芸能界にいることの迷いも生じていたと振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top