キスマイ北山、二階堂高嗣と本気の殴り合いをした過去 | RBB TODAY

キスマイ北山、二階堂高嗣と本気の殴り合いをした過去

エンタメ その他
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 Kis-My-Ft2北山宏光が、3日放送の『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)で、メンバーの二階堂高嗣と殴り合いをした過去を明かした。


 当時のジャニーズでは1995年にデビューしたV6以降、「バレーボールワールドカップ」に合わせて4年に1度グループがデビューできるというのが通例になっていた。

 1995年の嵐、2003年のNEWSに続き、2007年のデビューはキスマイではという憶測が流れていたのだが、結局デビューしたのはHey! Say! JUMP。この後輩のデビューがキスマイの心に火をつけることになったのだが、もともとJr.時代から何かと問題児だった二階堂はさらに自暴自棄に。

 彼の態度を見かねて立ち上がったのがグループ最年長の北山。二階堂に対し「グループに迷惑をかけてるぞ」「お前はソロじゃなくてグループだろ」と怒りをぶつけると、二階堂が「うるせぇ!」と殴ってきたという。以後お互い本気の殴り合いに発展。

 ここで北山は「キスマイを辞めたければ辞めればいい!でもなぁ!お前の周りにはお前を助けたいと思う人間がいるんだ。もっと俺らを頼れ!」と一喝。この言葉に胸打たれた二階堂は号泣。彼は「あれがなかったら、どうなってたんだろう。ありがたかった」と感謝し、心を入れ替えたという。また北山は「ほっといたら辞めちゃうし、どんどん間違ったほうに行っちゃうなあと思って、殴り込みに行った」と振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top