『相棒』俳優・松尾諭、風呂場で何が!?10歳娘と裸で抱き合って号泣 | RBB TODAY

『相棒』俳優・松尾諭、風呂場で何が!?10歳娘と裸で抱き合って号泣

エンタメ その他
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の弁護士役などで知られる松尾諭が、20日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。10歳長女とのエピソードを明かした。


 一般的に娘は成長すると「パパ、臭い」などと父親を避けるようになると聞かされてきた松尾。だがある時、「10歳ぐらいまで一緒にお風呂に入ってると、そういうふうに言われない」という話を耳にした。

 その噂にならい、奥さんと「10歳まで」と約束をして、タイミングが合えば長女と頻繁に一緒にお風呂に入っていたという松尾。去年長女は10歳になったが、その2日前に一緒に風呂に入った彼は、「その時点でもう泣いていた」と告白。その涙はシャワーを浴びて、なんとかごまかしていたのだとか。

 翌日、9歳最後の日も一緒に入ったという松尾。「泣くまい」と我慢していたのだが、「湯船に入って、(長女が)小っちゃい時から(風呂で)歌っていた歌を歌ったら、途中で声震えて来た」という。すると娘も「パパ泣いてんじゃん」と言いながら泣き出してしまったそう。

 妻がその声に「どうしたの!?」と浴室のドアを開けると、「僕ら、湯船で抱き合って泣いていた」と回顧。妻は「何やってんの!?」と驚いていたと話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top