ドラマ『ネメシス』今夜最終回!広瀬すず、クランクアップで「しっかり濃い長い時間を過ごした」 | RBB TODAY

ドラマ『ネメシス』今夜最終回!広瀬すず、クランクアップで「しっかり濃い長い時間を過ごした」

エンタメ 映画・ドラマ
(C)日本テレビ
  • (C)日本テレビ
  • 橋本環奈(C)日本テレビ
  • 仲村トオル(C)日本テレビ
  • 加藤諒(C)日本テレビ
  • 三島あよな(C)日本テレビ
  • 上田竜也(C)日本テレビ
  • 中村蒼、勝地涼(C)日本テレビ
  • 南野陽子(C)日本テレビ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 4月にスタートした日曜ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)が、13日22時30分からの放送で最終話を迎える。


 同ドラマは、広瀬すず演じる天才助手、美神アンナと嵐休止後、初の連続テレビドラマ出演となる櫻井翔演じるポンコツ探偵、風真尚希の凸凹バディが、探偵事務所ネメシスに舞い込む難事件を次々と解決していくミステリー。いよいよアンナ・風真・栗田の探偵事務所「ネメシス」の物語が最終話を迎える。父・美神始(仲村トオル)とともに「菅研究所=カンケン」に拉致監禁されてしまったアンナ。朋美(橋本環奈)や大和(石黒賢)によって生命を脅かされているふたりを救うために、風真はチームネメシスを招集し、立ち向かう。

 このほど、1月31日から4ヵ月間、横浜の事務所を拠点に事件を追って各地を駆け回ったネメシスのアンナ、風真、栗田を演じた広瀬すず、櫻井翔、江口洋介が揃い、最後のシーンを撮り終えてクランクアップを迎えた。広瀬は、「栗田さん風真さんに会わなかった(カンケンの)撮影の時間は、別の作品?というくらいものすごくエネルギーを使ったので、嵐が過ぎ去ったっていうのはこういうことかと思いました」とコメント。

 「1月から撮っていたと聞くと『あっという間でしたね』と言いたくなるのですが、そんなにあっという間でもなく、しっかり濃い長い時間を過ごしたと思いました。アンナにとって家族というものが存在するのが、生きていく中で心の支えになったり、大切な人と思える人に出会えたというところは、見ている人にも何かを感じとってもらえるものがあると思いますし、登場人物、シーンを含めマイナスなことがあまりないような、全員が前を向いて歩こうとしている(ネメシスの」姿を、このご時勢だからこそ見てもらえて、そこから感じ取ってもらえるものがあったら嬉しいなと思います」と語った。

 櫻井は「撮影初日に3人がネメシスで揃った時に、ある意味手探りでパズルをはめていくような時間がありましたが、それを経ていまこんな空気になっているのが嬉しい。一発目の皆の歩み寄り方が一緒だったような気がしてそこから基本的に変わらずいい三角形なのかなと思って撮っていました。いい時間でしたね」と撮影を振り返り。「少なくとも僕はここまで台本が先々まで揃っている状態で、先々のことを組み立てることはなかったので、逆算しながら、かつ江口さん、すずちゃんもそれを感じながら皆で細かく細かく積み上げているのがすごく楽しかったです。楽しいシーンとは別の組み上げているということが刺激的でした」とコメントした。

 江口は「僕は20年前の事件を引っぱらなくてはいけない緊張感とアンナと風真の2人のコメディなかけ合いに、自分がどういう風に絡んでいったらいいか考えながら、二人の息を壊さないようにやっていましたね。もしこの次にスペシャルがあるとしたら、どかーんと思い切り芝居ができるんじゃないかなって(笑)」とし、「映画のスタッフが連続ドラマを撮っているので、すごく掟破りというか、(これは)今まで味わったことがなかったですね。現場もすごく作り込んでいるので、どんなに疲れていてもスタッフの熱量にやられて返すしかないと思いながら気がついたら4ヵ月経っていた。そういう意味でも楽しかったです」と4ヶ月にわたる撮影を回顧した。

 ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)最終話は、13日22時30分より放送。
《KT》

関連ニュース

page top