明石家さんま65歳、ワクチン打ちたくない理由は「打ったら体が変わってしまう」 | RBB TODAY

明石家さんま65歳、ワクチン打ちたくない理由は「打ったら体が変わってしまう」

エンタメ その他
明石家さんま【編集部】
  • 明石家さんま【編集部】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 明石家さんまが、15日放送の『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ) で、65歳でありながら、 新型コロナウイルスのワクチンを接種しない意向を表明した。


 さんまは、同じく65歳の浅田美代子から昨日、「ワクチンどうするの?うちは(接種のお知らせが)来たけど?」といった電話がきたことを明かした。この相談に対し、さんまは「僕は打たないつもり。誰かに回してあげたいと話した」と振り返った。

 一方、浅田は「私どうしようかなぁ」と悩んでいたそうで、これに彼は「いやあ、美代子さんも打たないほうが(いい)」と勧めたと告白。理由としては「今まで2人とも菌にかかったことないから」というもの。

 今年7月で66歳になるさんまは、「66年間、一回も(ワクチンを打ったことが)ないんですよ。ここでワクチンを打つと、体が変わってしまうので俺は打たないって(決めている)」と述べた。

 続けてさんまは、浅田とのやり取りを回想。彼女が「でも私、どうしようかしら?打ったら頭が良くなるかも分からない」と言っていたため、さんまは「(腕に)注射するよりも頭に打ったらいい」と助言したそう。このアドバイスに「(浅田は)『ひどーい』と言ってそれから電話こなくなりましたけど」と笑っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top