松本まりか、つらい下積みの日々「20年間、興味を持たれない恐ろしさ」 | RBB TODAY

松本まりか、つらい下積みの日々「20年間、興味を持たれない恐ろしさ」

エンタメ その他
松本まりか【撮影:浜瀬将樹】
  • 松本まりか【撮影:浜瀬将樹】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 松本まりかが、3月31日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。下積み時代を語った。


 自分探しをしたいという松本は、現在話題の「ホースコーチング」に臨んだ。これは馬と触れ合うことで他者への向き合い方を学ぶプログラム。だが馬から距離を詰められると、彼女は「ノー」と強く言えずに転倒してしまった。あまりの恐怖に「怖かった…」と泣き出す松本。コーチはそんな彼女の性格について、優しすぎて自分を犠牲にしてしまうと指摘した。

 今回、なぜ自分探しをしたかったのか聞かれると、「2020年とにかく駆け抜けた」と回顧。「2021年これから本当は何がしたいと思っているのか、ゼロから真っ白な状態になって見つけていきたい」と決意。

 自分のやりたいことより仕事を優先してしまう理由は、長い下積み経験が関わっていたという。「15で仕事を始めてから20年間、興味を持たれない恐ろしさ(を味わった)」と述べ、「デビューが一番ピークだった」とも明かした。

 次々と同世代が活躍する中、「邦画は見られなかった」としながら、「悔しいというか情けなかった」と吐露。それでもあきらめることなく芝居の稽古を1日6時間、週5日通う時代を経て『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)でブレイクした。

 このヒットによって「環境がガラッと変わりました。周りの見る目が」と述懐し、「やっと2020年で仕事をもらえた」と笑っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top