高橋みなみ、厚労省23人会食にあきれ顔「同じことの繰り返し。学びってないのかな」   | RBB TODAY

高橋みなみ、厚労省23人会食にあきれ顔「同じことの繰り返し。学びってないのかな」  

エンタメ その他
高橋みなみ【写真:竹内みちまろ】
  • 高橋みなみ【写真:竹内みちまろ】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 高橋みなみが、3月31日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演。厚生労働省の会食問題に言及した。


 緊急事態宣言が解除されたばかりの3月24日、 厚生労働省の職員23人が送別会を開き、深夜まで飲食していたことが分かった。送別会が行われた飲食店の責任者によると、店は原則として、都の要請に従って午後9時まで営業し、厚労省側にも会食は午後7時から午後9時までの2時間コースと伝えていたという。

 だが仕事の都合で遅れる職員もいる中、出席者が揃わず、送別会が始まったのは午後7時半ごろ。ただしスタートしたあとも、さみだれ式に出席者が参加。中には会の終了予定時間である午後9時を過ぎてから駆けつける職員もいたという。つまり23人が、入れ代わり立ち代わり店で飲食。数人は午前0時直前まで飲食していた。

 午後9時までの時短営業や、5人以上の会食自粛が求められる中での飲食に政府内外から批判が噴出している。坂上忍は「お願いする側の人たちがやっちゃうと、言うこと聞いてくれる人も本当に減ってくると思う」と苦言。

 これに対して高橋も「減ってきますよね。『誰が何を言ってるの?』みたいな形になってしまう」と、説得力が薄れると返答。さらに今年1月、緊急事態宣言下の深夜に銀座の高級クラブを訪れていた議員の話を持ち出しながら、「ああいうのを見てきているのに同じことの繰り返しで。学びってないのかな?って思ってしまう」とあきれていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top