紀平梨花、『世界フィギュア』ショートで2位発進「100%とはいえない」 | RBB TODAY

紀平梨花、『世界フィギュア』ショートで2位発進「100%とはいえない」

エンタメ その他
紀平梨花(Photo by Linnea Rheborg/Getty Images)
  • 紀平梨花(Photo by Linnea Rheborg/Getty Images)
  • 紀平梨花 (Photo by Linnea Rheborg/Getty Images)
  • 紀平梨花 (Photo by Joosep Martinson - International Skating Union/International Skating Union via Getty Images)
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 24日にスウェーデン・ストックホルムで開幕し、フジテレビ系列で放送された『ISU世界フィギュアスケート選手権大会2021』のショートプログラムで、紀平梨花が2位でスタートした。


 来年の北京冬季五輪出場枠を懸けた同大会。初日となったこの日は女子シングルのショートプログラム。日本からは紀平を始め、坂本花織、宮原知子の3人が出場した。

 初の世界女王を狙う紀平は最後の39番目で登場。得意のトリプルアクセルを華麗に舞うと、トリプル・フリップ、トリプル・トゥループのコンビネーションジャンプも成功。さらに氷上で片手側転も決めるなど圧巻の演技でフィニッシュ。最後はガッツポーズも飛び出した。

 ただしトリプルアクセルとコンビネーションでのわずかな回転不足が響き79.08点。ロシアのアンナ・シェルバコワの81.00点には2点差で及ばず、2位でのスタートとなった。

 紀平はインタビューで、今回の演技について「100%とはいえない」として、「いろいろなところが学びになったのでフリーに生かしたい」と抱負。さらに4回転を組み込んだというフリープログラムの構成について「1つミスが出てしまうとドドドッとミスが出てしまう」と解説した。

 「まだまだ自信が持てる状況ではない」とも語る紀平。「フリーに向けて気を引き締めて、すべての行動を感謝しながらケガなく過ごせるようにしたい」と語っていた。また坂本は6位、宮原は16位だった。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top