パンサー尾形、妻への禁止事項は14項目!?異常な嫉妬心にスタジオ悲鳴 | RBB TODAY

パンサー尾形、妻への禁止事項は14項目!?異常な嫉妬心にスタジオ悲鳴

エンタメ その他
尾形貴弘【写真:竹内みちまろ】
  • 尾形貴弘【写真:竹内みちまろ】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 パンサー尾形貴弘が、7日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』(テレビ朝日系)に出演。妻への禁止事項が14個判明した。


 とにかく嫉妬深いという尾形。妻は人気バンド・back numberが好きで、ようやくゲットしたチケットで念願のライブに行こうとするも、尾形は、同じ日に開かれたパンサーの単独ライブに来ないことに激怒。「俺とbuck numberどっちが大事なの!?」と迫ったという。さらに以来、妻にback numberの曲を聴くのを禁止にさせたのだとか。

 これについて彼は、妻がback numberのライブの打ち上げに足を運び、危ない思いをするという完全な“妄想”を展開。しかもback numberのメンバーに対して「性欲が強そう」と強烈な偏見を告げた。

 さらに尾形はこの「back number禁止」を含め、妻にやってはいけない禁止事項を14個も言いつけていることが判明。「恋愛ドラマを見るのは禁止」「韓流ドラマを見るのは禁止」「BIGBANGを聴くのは禁止」といったものから、「人前に出るのときメイク禁止」「男性美容師に散髪されるのは禁止」「コンビニに男性と女性の店員がレジにいるとき、男性のほうへ行くのは禁止」など、常識では考えられないNG事項が続出。

 これを聞いた井口綾子は「やぱっ!生活できない!」と戦慄。青山テルマも「1つも理解できない」とドン引きし、オードリー若林正恭も「こんなの、思い付かない」とア然。尾形は、この禁止事項の中にある「宅配便の人と話すのは禁止」について、「(妻は配達員と)一緒に部屋に入っていくのも目撃もしてる」と主張。彼の異常な嫉妬心に、ハライチ澤部佑は「(荷物が)重いから…」と呆れていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top