ザブングル加藤、解散の真相を明かす…松尾陽介からは闇営業の謹慎中に切り出された | RBB TODAY

ザブングル加藤、解散の真相を明かす…松尾陽介からは闇営業の謹慎中に切り出された

エンタメ その他
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 ザブングル加藤歩が、5日配信のスピードワゴン井戸田潤のYouTubeチャンネル『ハンバーグ師匠チャンネル』に出演。井戸田との対談で、解散の真相を赤裸々に語った。


 21年活動してきたザブングルが3月をもって解散する。これについて加藤は「松尾はその気はちょっとありましたね」と告白。井戸田が「数年前から?」と聞くと、加藤は「はい、数年前から」と回答。

 ただこれまで仕事もあり、生活もできていたが、2019年の闇営業騒動が決定打に。加藤は「長年一緒にいたので、ここでまた(解散について)言い出すなというのは(予感していた)」と回顧。コンビは同年7月から1か月間、謹慎することになったが、その期間中に松尾からすでに「もう辞めようと思う」と切り出されたという。

 また加藤は松尾の今後について「人付き合いも良く人脈もある」としたうえで、「どこかの企業の社長さんと、タレントをブッキングさせるような仕事をするのではないか」と推察。これに井戸田は「また闇営業の匂いするな」と告げて笑いを誘った。

 一方、加藤も仕事で知ったという“消防設備士”の資格を、コロナ期間中に猛勉強して取得。これは家屋やデパートなどにある消火器や火災報知器を点検する国家資格だそうで、「週3、4で行ってます」と、ほぼ本業にしていると告白。「普通にアルバイトをするより1.5倍ないし2倍は稼げる」と熱弁。井戸田から「そっちの話してるときのほうが、目キラキラしてるんだけど」とツッコまれていた。

《杉山実》

関連ニュース

特集

page top