京本大我、26歳で精力増強“ハブ酒”が必要!?「特段元気ないです」 | RBB TODAY

京本大我、26歳で精力増強“ハブ酒”が必要!?「特段元気ないです」

エンタメ その他
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 SixTONESの京本大我が、16日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。驚きの発言をした。


 この日は「東京vs地方出身芸能人」。東京出身の京本は、メンバーと地方ロケに行った際、自販機の中にセミの死骸があってビックリしたと語った。すると明石家さんまが「昔はヘビとかもいたのでは」と推測し、同じくゲストで奄美大島出身の元ちとせに「奄美なんてそうでしょ?ヘビとか」と質問。

 すると彼女から飛び出たのが「ハブ」。これを聞いた京本は「ハブって毒持ってるやつですよね」と確認。さんまが「そう、ハブ酒とかになるハブや」と答えると、京本は「お酒になってるんですか?ハブ」とびっくり。

 さんまが「それで元気になんねん男の人が」と言うと、京本は思わずニヤニヤ。「お前いらんやろ、そんなん」という質問に彼は「いやいやいや欲しいですよ!」、さらに「特段元気はないですよ」と回答。共演者を驚かせた。

 現在、26歳という京本。さんまが「そんなに欲しくないのやろ?恋人とかも」と聞くと、「そうですね、家で1人で十分です」と答えていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top